【MixOnline】記事一覧2

リサーチ

MRの影響度最下位の麻酔科 処方への影響 医師の使用感や口コミの効果大

MRの影響度最下位の麻酔科 処方への影響 医師の使用感や口コミの効果大

2017/09/30
MR減少時代が到来し、限られたMRリソースをどこにどの程度配分していくかが製薬メーカーの喫緊の課題となっていることを踏まえ、前号に引き続き、「MR」以外のファクターが処方に重要な影響を与えている「麻酔科」を取り上げる。
がん免疫療法薬キイトルーダ 処方医の4割強が「安全性高い」と評価

がん免疫療法薬キイトルーダ 処方医の4割強が「安全性高い」と評価

2017/08/31
がん治療に大きな変革をもたらしつつある免疫チェックポイント阻害薬は、現在、オプジーボとキイトルーダの2種類が知られている。
MRの影響度低いリウマチ科「患者の声」と「使用感評価」の処方影響強く

MRの影響度低いリウマチ科「患者の声」と「使用感評価」の処方影響強く

2017/08/31
MR認定センターのまとめによると、MR数の減少は3年連続で、16年度は15年度から950人減った。業界全体でMR数の減少に歯止めがかからないなか、製薬各社でも限られたMRリソースの配分に頭を悩ませる担当者も少なくないだろう。
持効型インスリン製剤ランタスXR 今後の処方増意向は8割超

持効型インスリン製剤ランタスXR 今後の処方増意向は8割超

2017/07/31
糖尿病患者では、1型糖尿病は言うに及ばず、2型糖尿病であっても基礎インスリン分泌が低下している場合はインスリン投与が考慮されるが、昨今はこうした患者で1日1回の注射で済む持効型インスリンを使用することが増えている。
整形外科 「患者の声」の処方影響度合い第1位

整形外科 「患者の声」の処方影響度合い第1位

2017/07/31
本連載で注目してきた「MRプロモーション以外のファクター」として影響度合いが大きいのは、「使用感評価」と「患者の声」である。
月1回筋注製剤 エビリファイLAI 処方医の7割が今後処方増へ

月1回筋注製剤 エビリファイLAI 処方医の7割が今後処方増へ

2017/06/30
統合失調症の薬物治療では多剤併用傾向や幻覚・幻聴・妄想などの陽性症状に伴う猜疑心から起こる服薬拒否など、服薬アドヒアランスの維持が大きな問題と指摘されている。
心臓血管外科 「使用感評価」の影響度合い第1位

心臓血管外科 「使用感評価」の影響度合い第1位

2017/06/30
本稿ではノンプロモーション系情報チャネルに注目してきたが、同チャネルの内訳をみると、「患者の声」と並んで影響度合いが高いのが「使用感評価」である。
統合失調症薬シクレスト 処方増意向は7割強 “既存治療無効例”などに

統合失調症薬シクレスト 処方増意向は7割強 “既存治療無効例”などに

2017/05/31
幻覚・幻聴・妄想などの陽性症状と意欲低下などの陰性症状といった多彩な症状を示す統合失調症の治療では、脳内の神経伝達物質のアンバランス仮説に基づく抗精神病薬投与が一般的だ。
循環器内科 処方にプロモーション系チャネルの影響大 DOACの市場競争、安全性関係の情報ニーズの高さが背景か

循環器内科 処方にプロモーション系チャネルの影響大 DOACの市場競争、安全性関係の情報ニーズの高さが背景か

2017/05/31
「患者の声」や「使用感評価」といったノンプロモーション系情報チャネルの処方への影響力に注目してきた本稿だが、製薬メーカーにとってプロモーション活動が重要課題のひとつであることは言うまでもない。
LAMA・LABA配合薬スピオルト 処方医の約半数が第一選択薬に

LAMA・LABA配合薬スピオルト 処方医の約半数が第一選択薬に

2017/04/30
男性喫煙率が70~80%だった世代が今後高齢者となるため、喫煙習慣が主因の慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者増が懸念されている。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー