【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

日医工・上田薬剤師会 ジェネリック小包装製品の箱出し調剤 その有用性を共同調査

公開日時 2012/08/30 04:00

日医工はこのほど、長野県上田市の上田薬剤師会と共同で、ジェネリックの小包装製品の供給に関する調査を実施していると発表した。日医工が生活習慣病で長期投与される13成分を、それぞれ7日分や14日分を1パッケージとして箱に詰め(=小包装製品)、保険薬局ではそのまま開封せずに患者に調剤(=箱出し調剤)する。箱出し調剤は欧米では一般的だが、日本ではあまり見られない。今回の共同調査によって、保険薬局での業務効率や医療安全などの有用性を検証し、ジェネリックの使用促進議論の一助にするねらいだ。

調査は7月末から始めており、9月末まで行う。

日医工は共同調査用に小包装製品を新たに製造し、医薬品卸を通じて、15の調査協力保険薬局に供給する。そして上田薬剤師会では、小包装製品を用いることで(1)業務時間がどのように変化するか(2)患者への説明時間の変化と患者の満足度――を調査する。解析は同調査をデザインした名城大薬学部の坂巻弘之教授が行う。

日医工と上田薬剤師会によると、小包装製品には、▽患者が最初に服用するまで開封されないので、湿気や光の影響を受けにくく、開封までの品質向上が期待できる▽何らかの問題が発生した場合、包装単位での追跡ができる▽薬剤師の業務が効率化され、調剤にかかる時間を短縮できる、調剤ミスなどが減ることが期待されるとともに、患者への説明に時間を使うことができる▽ジェネリックは銘柄変更がなされることが多いことから、在庫負担軽減につながる可能性は大きい――といったメリットが考えられ、「わが国でもその普及が望まれる」とコメントしている。

 

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー