【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

塩野義製薬 14年度計画で戦略8製品売上1000億円 国内業績下支え

公開日時 2014/05/12 03:51
塩野義製薬は5月9日、2014年3月期(2013年度)の業績を発表した。この中で明らかにした国内医療用薬の14年度計画によると、薬価改定年でありながら戦略8製品の売上は7.6%増の1000億円を目指す。うち、720億円は高脂血症治療薬クレストール、ARBイルベタン(配合剤含む)、抗うつ薬サインバルタで確保する。
 
13年度の国内医療用薬売上は、1.5%増の1683億円だった。うち戦略8製品が10.3%増の929億円。この中で主力品のクレストールは、他のスタチンでジェネリックのシェアが伸長する中にあって、予想売上は13億円下回ったが、前期比7.8%増となる411億円を確保した。イルベタンファミリーは、予想売上を上回り、29.3%増の139億円を売り上げた。10年に発売され12年に糖尿病性神経障害の適応を取得したサインバルタは100億円を突破し、114億円。これら戦略3製品の売上は13.4%増の663億円となり、国内業績の成長を後押ししている。
 
14年度は、薬価改定により2%台前半の影響を受けるとしているが、売上は1670億円、0.8%の微減収の計画となった。戦略品の増収が下支えする形だ。
 
 
◎14年度は減収減益予想 クレストールロイヤリティー182億円減が一因
 
海外事業を含む13年度連結業績は、国内外事業や連結売上の4分の1を占めるロイヤリティー収入の伸びにより2.4%増の2897億円で、営業利益と経常利益は過去最高となった。しかし、14年度にはロイヤリティー収入の大半を占めるクレストール分で、契約変更により182億円が失われることが一因となり、14年度は減収減益を予想する。
 
13年度のロイヤリティー収入は707億円に達し、クレストール分が657億円を占めた。同剤の海外特許切れにより16年でロイヤリティー収入が一気に消失するリスクを回避するため、同社は13年12月に英アストラゼネカとロイヤリティーの受取期間を最長2023年まで延長する代わりに14年から16年の料率を減少する契約を締結している。このため14年度以降のクレストールロイヤリティーは大幅に減少することになり、14年度は27.7%減の475億円を計画した。
 
なお、同社と英ヴィーヴが共同開発した抗HIV薬ドルテグラビルが欧米などで13年に承認を取得。同社はヴィーブから配当金やロイヤリティー収入を得る権利を有しており、ドルテグラビルをクレストールに続くグローバルの大型新薬として期待を寄せている。
 
 
【13年度連結業績(前年同期比)14年度通期予想(前年同期比)】
売上高2897億1700万円(2.4%増)2690億円(7.2%減)
営業利益635億5600万円(6.7%増)450億円(29.2%減)
経常利益639億600万円(8.5%増)500億円(21.8%減)
純利益418億3100万円(37.3%減)330億円(21.1%減)
 
【13年度実績(12年度実績)14年度予想、億円】
クレストール 411(381)425
イルベタン 139(107)159
サインバルタ 114(97)136
オキシコンチン類 106(102)107
フィニバックス 47(50)46
ディフェリン  44(40)46
ピレスパ   48(45)56
ラピアクタ  20(20)25
フロモックス 158(180)130
リンデロン等外用 88(89)84
クラリチン 49(63)41
フルマリン 54(60)44
 
【ロイヤリティー収入】
クレストール657(630)475
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー