【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

薬価研・加茂谷委員長 新薬創出加算の制度化は現行ルールで

公開日時 2014/06/16 03:51

日本製薬団体連合会・保険薬価研究委員会委員長に加茂谷佳明氏(塩野義製薬常務執行役員)が再任され、6月13日に日薬連内で記者会見した。14年度薬価制度改革で、業界側が希望しながらも、見送られた新薬創出加算の制度化について、次期制度改革に向けて「現行ルールを維持したままで制度化を主張していきたい」との姿勢を示した。

 
同加算の適用を巡っては、「(製品の市場実勢価格と薬価との)乖離率が市場全体の平均乖離率以内」とする加算要件に対し、財務省や中医協の支払側委員から、製品の革新性を評価する要件ではないのではないかとの指摘が出ている。それに対し加茂谷委員長は、要件は「市場が医薬品の価値を判断」する仕組みであると反論し、現行ルールによる制度化を求めていくとした。
 
ほか、薬価研として、▽長期収載品と後発品の薬価について、後発品の使用促進に与える影響、企業経営や安定供給等への影響についても調査・検証する▽保険医療上必要性が高く、採算性の乏しい医薬品の薬価改定方式については、医薬品が安定的に継続供給できるよう、改めて課題を整理した上で、理論構築及び制度設計を進める--ことなどに取り組む。
 
加茂谷委員長は会見で、再任にあたって「薬価制度は企業経営に与える影響は様々あり、各社の利害に直結するが、(我々としては)製薬業界全体をどうボトムアップするか、国民、患者さんの目線で議論を進める必要がある。お願い、陳情型の活動では内外の荒波にのみ込まれてしまう。業界全体として患者さん、国民にどう貢献するか、施策の提案、対応を図る必要がある。より前向きな検討を進めていきたい」と抱負を述べた。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー