【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

BMS イピリムマブを悪性黒色腫薬として国内申請

公開日時 2014/09/22 03:50

ブリストル・マイヤーズ(BMS)は9月19日、切除不能または転移性悪性黒色腫の治療薬としてイピリムマブを日本で承認申請したと発表した。悪性黒色腫の日本の患者数は約4000人、年間約700人が死亡するという。進行期悪性黒色腫の場合、5年生存率は10%前後。同剤の海外治験では、1年生存率は対照群の25%に対して46%、2年生存率は対照群の14%に対して24%の結果を示している。

同剤は免疫反応を活用して効果を発揮する薬剤で、T細胞の活性化を抑制するCTLA-4の働きを抑え込むことで、腫瘍抗原特異的なT細胞の活性化と増殖を促して腫瘍増殖を抑制する作用を持つ。ヒト型抗ヒトCTLA-4モノクローナル抗体で、CTLA-4免疫チェックポイント阻害薬と呼ばれる。13年3月には悪性黒色腫薬として厚労省から希少疾病用医薬品の指定を受けている。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー