【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

厚労省 患者の歩行支援ロボットスーツ承認 神経・筋難病向け

公開日時 2015/11/26 03:52

厚労省は11月25日、下肢に装着して歩行を支援するロボットスーツについて、筋ジストロフィーなどの神経・筋難病患者向けの医療機器として承認したと発表した。これは日本のバイオベンチャーCYBERDYNE社(茨城県つくば市、山海嘉之社長)が3月に承認申請していたもので、販売名は「HAL医療用下肢タイプ」。同社は、保険適用を申請する。

対象は、緩徐進行性の神経・筋疾患で以下のとおり。▽脊髄性筋萎縮症(SMA)▽球脊髄性筋萎縮症(SBMA)▽筋萎縮性側索硬化症(ALS)▽シャルコー・マリー・トゥース病(CMT)▽遠位型ミオパチー▽封入体筋炎(IBM)▽先天性ミオパチー▽筋ジストロフィー--の8疾患。
 
この機器は、患者の体を動かすときの脳から筋肉へ神経を通して信号(生体電位信号)を読み取り、それに応じてスーツ内のモーターにより下肢の動きを支援する。歩行運動を繰り返すことで、歩行機能を改善する目的で使用する。
 
この機器について同省は14年12月に希少疾病用医療機器に指定し、優先審査した。もし保険適用を認めれば、早ければ4月に適用となる。
 
なお、同社は、脊髄疾患への適応拡大を目指し、2014 年9月からHTLV-1関連脊髄症(HAM)等の主に痙性のある対麻痺症に対する治験を実施しているという。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(3)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー