【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

バイエル 経口抗凝固薬イグザレルトで細粒剤を新発売 NOAC初の剤型

公開日時 2015/12/08 03:50

バイエル薬品は12月7日、新規経口抗凝固薬(以下、NOAC)で選択的直接作用型第Xa因子製剤イグザレルト(一般名:リバーロキサバン)の細粒剤を同日に新発売したと発表した。製品名はイグザレルト細粒分包10mg、同15mg。NOACで初めての細粒剤となる。脳梗塞や老化などによって嚥下困難な患者にも服用しやすいとしている。

薬価は細粒分包10mgが413.00円/包、同15mgが588.40円/包――。なお、錠剤は10mgが383.00円/錠、15mgが545.60円/錠――。

イグザレルトは日本で、「非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症の発症抑制」を効能・効果に錠剤を12年4月から販売している。心房細動によって心臓内にできた血栓が脳の血管に詰まると脳梗塞を発症することがあり、脳梗塞などで嚥下障害が起こることがある。同社は、「このような嚥下困難な患者さんのニーズを受けて、世界に先駆けて新たに細粒剤を加えることにより、日本の患者さんに追加の選択肢を提供できる」としている。

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー