【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

第一三共 アムジェン開発の9つのバイオシミラー 国内販売権を取得

公開日時 2016/07/15 03:52

第一三共とアムジェンは7月14日、 アムジェンが持つ9種類のバイオシミラー(バイオ後続品)について、日本での商業化に関する契約を締結したと発表した。9種類の中には、リウマチなどの適応を持つアダリムマブ(先発品名:ヒュミラ)、抗がん剤ベバシズマブ(アバスチン)、抗がん剤トラスツズマブ(ハーセプチン)――があり、いずれも開発後期にあるとしている。

契約に基づき、9つのバイオシミラーは日本で、アムジェンが開発・製造し、第一三共が承認申請、流通・販売を担当する。アムジェンは共同販促の権利を持つ。

アムジェン広報によると、残り6種類の中には、抗がん剤リツキシマブ(リツキサン)、リウマチなどの適応を持つインフリキシマブ(レミケード)、抗がん剤セツキシマブ(アービタックス)――のバイオシミラーがあり、これら以外の残り3種類は非公開としている。開発ステージは日本を含むかどうかは定かではないが、多くの国でリツキシマブが開発後期にあり、インフリキシマブとセツキシマブは開発前期にある。

第一三共はバイオ医薬品の取り組みを強化しており、今回のバイオシミラーのラインナップ拡充もその一環となる。アムジェンにとっては、第一三共が持つ強固な販売基盤とブランド力を活用できることは「魅力的な機会」であり、アムジェンの開発力・ノウハウと第一三共の強力な営業力が融合することで、「日本の多くの患者に高品質なバイオ後続品を確実に提供する」ことにつながるとしている。

なお、第一三共は、国内開発中のリウマチなどの適応を持つエタネルセプト(エンブレル)のバイオシミラーを16年度中に申請することを計画している。今回契約した9種類を含むバイオシミラーの情報提供・収集活動は、後発医薬品を扱う第一三共エスファではなく、第一三共本体が行う。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(5)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
グーグル

 

ミクスOnline有料会員 利用料金のご案内



どちらのプランも契約期間内はミクスOnline内のすべてのページ、全ての機能を使い放題!
有料会員限定のコンテンツやダウンロードファイルも全てご利用いただけます。




月間・年間 プレミア会員のお申し込みはこちら








一括購読割引プランのお問い合わせはこちらから



学生は「アカデミア会員」(月間 780円/月+税)をお申込みください>こちら
医師、歯科医師は「医師/歯科医師会員」(無料)をお申込みください>こちら​




バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー