【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

厚労省 がん免疫療法薬オプジーボの新薬価を官報告示 50%引き下げ正式決定、17年2月1日適用

公開日時 2016/11/25 03:51

厚生労働省は11月24日、がん免疫療法薬オプジーボの新薬価を官報告示した。新薬価は、オプジーボ点滴静注20mgが7万5100円(現行薬価15万200円)、同点滴静注100mgが36万4925円(同72万9849円)で、いずれも現行薬価から50%の引き下げとなる。新薬価は17年2月1日から適用する。薬価の50%引き下げ、新薬価適用日とも11月16日の中医協総会で決まった内容のままで、今回の官報告示をもって正式決定となる。

オプジーボの製造販売元の小野薬品は11月22日を期限に厚労省に不服意見を出すことができたが、同社は本誌取材に対し、新薬価を了承する旨を厚労省に17日に文書で伝えたと説明した。

同社が了承した理由は大きく2つ。ひとつは中医協、政府の経済財政諮問会議、国会などで高薬価のまま適応患者が大幅増加したことに伴う公的保険財政への影響問題が議論の俎上にのるたびに、小野は厚労省に意見を述べてきたが、その上での今回の薬価引き下げとの結論に至ったということ。もうひとつは、高額を理由にオプジーボの処方に抑制傾向が見受けられることに鑑み、薬価が患者アクセスを妨げることがないよう判断したとしている。

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(6)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー