【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

抗インフルエンザ薬ゾフルーザ 「処方増意向」の医師は47%

耐性ウイルス出現で様子見増加

公開日時 2019/03/29 00:00
シーズン前調査から大幅減耐性ウイルス出現で様子見、消極的使用が増加 2018年3月に発売され、18-19年のインフルエンザシーズンを前に注目を集めていた抗インフルエンザウイルス薬ゾフルーザ(一般名:バロキサビルマルボキシル)。A型またはB型のインフルエンザウイルスに対して1回の経口投与で済み、既存のノイラミニダーゼ阻害薬とは異なる作用機序で細胞内でのウイルス増殖を阻害することにより、速やかなウイルス減少が期待されている。本連載(18年11月号掲載)のシーズン前調査でも、タミフル(オセルタミビル)、イナビル(ラニナミビル)、リレンザ(ザナミビル)、ラピアクタ(ペラミビル)といった既存薬との比較で、ゾフルーザは「最も処方しようと思う薬」で10代から80代までの各年代でトップを占めた。こ...
ボタン追加
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き

プレミアコンテンツのご案内PREMIER CONTENTS

特集

ミクス編集部発の生産性向上につながるイチ押しコンテンツが満載!

経営・製品

製薬各社の営業体制やデジタル戦略などを紹介。経営陣のインタビューも。

制度・政策

ミクス編集部の視点で鋭く解説。半歩先の市場を照らします。

データ・ランキング

MR数や開発パイプラインなどのデータを豊富に取り揃え。

リサーチ

医師やMRのインサイトを浮き彫りに。病院の新薬採用状況も毎年調査します。

電子ブック

雑誌イメージそのままに、オンラインでもオフラインでも閲覧も可能!

共有機能

全てのコンテンツをチーム内でワンクリックで共有。チームの生産性向上に一役!

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

読者レビュー(0)

プリント用ロゴ
グーグル

 

バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー