【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

アステラス製薬・松井上席執行役員 MR削減も売上伸長に自信 新製品の市場浸透は好調

公開日時 2019/11/01 03:51
アステラス製薬は10月31日、抗がん剤・イクスタンジや3月に発売した骨粗鬆症治療薬・イベニティなど新製品群の国内市場への浸透が好調なため、2019年度通期業績予想を上方修正した。同社は2018年度に早期退職優遇制度を実施し、MRを数百人規模で削減した。それでも国内売上を伸長できたことに松井幸郎・上席執行役員販売統括担当は、「厳しい競合の中において新製品を国内営業本部の皆様が頑張って先生方に情報伝達していただいた」と強調し、「それに伴い、我々の画期的な製品も評価いただいている」と自信をみせた。

◎安川CEO「パテントクリフの谷は浅く短くできた」 成長軌道に自信

同社の2019年度第2四半期の売上高は対前年同期比0.5%増の6504億7000万円だった。安川健司代表取締役社長CEOは、「数年前から2019年がボトムの年になると申し続けてきた」と説明した。同社を支えてきた過活動膀胱治療薬・ベシケアや抗がん剤・タルセバが特許切れを迎えるほか、喘息治療薬・シムビコートやKMバイオ製品の契約終了など、下振れ要因が多くあった。一方で、今後大型化を見込む6つの重点後期開発品(前立腺がん治療薬・エンザルタミド、急性骨髄性白血病(AML)治療薬・ギルテリチニブ、転移性尿路上皮癌治療薬・エンホルツマブ ベドチン、抗がん剤・ゾルベツキシマブ、腎性貧血治療薬・ロキサデュスタット、更年期に伴う血管運動神経症状治療薬・fezolinetant)はエンザルタミドを除けば、現段階での売上への貢献も小さい。

こうしたなか、国内医療用医薬品売上高の伸びなどで、減収を吸収。「パテントクリフの谷は浅く短くできたのではないかと思っている」と自信をみせた。ロキサデュスタット(製品名:エベレンゾ錠)が国内で9月に「透析施行中の腎性貧血」の適応で承認を取得するなど、今後は重点後期開発品の上市も見込む。エンホルツマブ ベドチンは、米国などで転移性尿路上皮がんの一次治療としての承認取得も視野に入り、1000~2000億円を売上げるブロックバスターへと成長することに期待を寄せる。安川CEOはこうした状況を踏まえ、「当初描いていた、シナリオはできてくるのではないか」と今後の成長軌道に自信をみせた。

◎国内売上高 新製品が前年同期比147%増で業績伸長

なかでも、第2四半期の売上高に貢献したのが、国内医療用医薬品売上高の伸びだ。レパーサ、スーグラファミリー、リンゼス、ダフクリア、ビーリンサイト、イベニティ、スマイラフの「新製品」が前年同期比147%増の278億円まで伸長。通期で約450億円とした期初の計画を約600億円まで引き上げた。ロキサデュスタット(製品名:エベレンゾ錠)は、薬価収載を経て11月にも発売する見通し。ファーストインクラスであることを武器に、国内での市場浸透を目指す。

一方、今期95億円を売上げた骨粗鬆症治療薬・イベニティだが、7月には重篤な脳・心血管系事象が相次いだことを受け、「適正使用のお願い」を発出した。松井氏は、「各先生方にリスクを伝え、それでも必要な患者に使うことを徹底して伝えている」と安全性を重視する姿勢を強調した。そのうえで、骨形成促進と骨吸収を抑制する“デュアルエフェクト”や、月1回投与で済む利便性など、同剤の特徴が臨床現場から評価されているとの見方を示した。「安全性を重視し、適切な患者に使っていただくということでスローなアップテイクを予想していたが、トータルには患者さんは処方いただいているということが現状だと認識している」と述べた。

【連結実績 (前年同期比) 19年度通期予想(前年同期比)】 
売上高 6504億7000万円(0.5%増)1兆2560億円(3.9%減)←修正前1兆2240億円
営業利益 1621億9600万円(27.9%増) 2630億円(7.8%増)←修正前2290億円
親会社帰属純利益1285億2700万円(23.7%増)2100億円(5.5%減)

【グローバル主要製品全世界売上高(前年同期実績) 19年度通期予想、億円】
イクスタンジ 1950(1640) 3839←修正前3642
ゾスパタ 57(―)136←修正前151
ベタニス/ミラベトリック/ベットミガ 788(686)1588←修正前1606
ベシケア 251(481)422←修正前418
プログラフ 962(1004)1903←修正前1877
ハルナール/オムニック 222(235) 430←修正前469
ファンガード/マイカミン 178(182) 326←修正前321
エリガード 69(76) 138←修正前146

【国内主要製品売上高(前年同期実績) 19年度通期予想、億円】

グローバル品
イクスタンジ 187(168) 355
ゾスパタ 13(-)25←修正前39
ベタニス 179(155) 349←修正前339
ベシケア 106(113) 194←修正前191
プログラフ(グラセプター含む) 229(234) 427←修正前424
ハルナール 22(27) 39←修正前41
ファンガード 39(44) 67←修正前70

主要製品
スーグラファミリー 117(84) 244←修正前254
レパーサ15(12)―
リンゼス 27(16) 54←修正前66
ビーリンサイト 22(―)―
イベニティ95(―)―
セレコックス 262(251) 496
シムビコート 141(194) ―
ジェニナック 41(37) 82←修正前80
ワクチン 51(84) 112←修正前101
ゴナックス 26(24) 49←修正前52
シムジア 47(47) 92←修正前109
ミカルディスファミリー 96(122) 172←修正前135
ボノテオ 33(54) 59←修正前55
リピトール 69(80) 123←修正前125
マイスリー 48(56) 88←修正前95

*仕切価ベース
【訂正】下線部の表記に誤りがありました。訂正します(2019年11月1日 8:32)







プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー