【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

【World Topics】ホワイトハウスから広がる感染

公開日時 2020/10/07 04:51
ホワイトハウスとその周辺でCOVID19感染が拡大している。あらたにホワイトハウス報道官のKayleigh McEbnanyと補佐官のNick Luneの検査結果が陽性となったほか、9月26日のホワイトハウスでのイベントへの出席者の中にも感染者が確認されている。

先々週から先週にかけて複数の州を遊説してまわったトランプ大統領の行動と、通常5日から7日と言われる潜伏期間を考慮すれば、感染者数はまだ今後数日間は増加するものと予想される。


4日(日)に大統領専用車で病院の外に出て支持者に手を振って物議を醸した大統領は、5日(月)にも「20年前と変わらず、元気!」「COVIDなど恐れるな!」とツイートし、自身の病状は憂慮すべきものではないと強調している。

だが一方で、トランプ大統領はヘリコプターで病院に移送される前にすでに酸素吸入を受けており、また入院当初から通常は重症患者だけに使用されるはずの医薬品を投与されていると報道されており、大統領の発言や行動との間に微妙な齟齬がある。

そのためメディアだけでなく一般国民の間にも「大統領の実際の病状は報道発表とは大きく隔たっているのではないか?」と疑問視する声や、「大統領の感染は、いつからわかっていたのか?」、「実際にはいつから発症していたのか?」(感染や発症の事実が隠されていたのではないのか?)ときびしく問う声が次第に大きくなっている。

主治医のDr.Conleyは「あらゆる検査値はすでに退院できるレベルになっている。まだ回復したとは言えない状況だが、来週月曜日までこのままで推移できればほぼ安心だろう」と語っている。しかし、有識者は「(大統領は、退院しても)ホワイトハウス内にすくなくとも10日は隔離されている必要がある」と口をそろえる。

トランプ大統領の復帰はもっとも楽観的に考えても来週以降。選挙当日まで残すところ2週間から最大3週間というあたりだ。だが、正確には、誰にも先が読めない。(医療ジャーナリスト 西村由美子)
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
グーグル
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー