【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

医療関連事業者とケーブルTVなど13法人「地域スマート医療コンソーシアム」発足 オンライン診療普及へ

公開日時 2021/05/19 04:50
医療関連事業者とケーブルテレビ事業者など13法人による「地域スマート医療コンソーシアム」が5月18日、発足した。高齢者を含む地域住民が利用しやすいオンラインによる医療・介護・ヘルスケアサービスの普及促進を図るため、オンライン診療サービスの提供に携わる医療事業者、保険調剤薬局事業者、ヘルスケア事業者、ケーブルテレビ事業者などが参画し課題解決などを議論する。当面は、人材育成・利用者ニーズの発掘などを目的とした調査・勉強会の開催やオンライン診療サービス提供者によるノウハウや課題の共有、医療DXの推進などに取り組む。

地域スマート医療コンソーシアムには、千葉大学医学部附属病院の患者支援部が参画。このほか、保険調剤薬局に3事業者、オンライン診療プラットフォームの2事業者、ヘルスケア関連事業者に2社、ケーブルテレビ事業者に5社が名を連ねた。

コンソーシアムでは、医療関連事業者がそれぞれ持つ診療・服薬指導の知見と、オンライン診療プラットフォーム事業者やケーブルテレビ事業者の通信機能を連携させ、医療分野におけるデジタルコミュニケーションの場を提供する。これにより幅広い年代の顧客に利用しやすいサービスの普及活動を行いたい考えだ。なお、コンソーシアム主な活動内容は、①人材育成・利用者ニーズの発掘などを目的とした調査・勉強会などの開催、②オンライン診療サービスを提供している事業者の商品事例やノウハウ・課題の共有、③ヘルステックを活用した予防医療サービスの展開など、医療 DX の推進に向けた取り組み―をあげている。

理事長に就任した千葉大学医学部附属病院患者支援部の竹内公一部長・特任准教授は、「オンライン診療の普及に向けた課題は、ITと同じくラストワンマイルにある。地域の高齢者に、オンラインコミュニケーションツールをいかに提供し、利用してもらうのかが肝心だ」と強調。「患者と向き合う医療事業者と地域をよく知る地域の通信事業者が連携して、より利用者ニーズに沿ったオンライン診療へと発展させていく、それが私たちの目標だ」と強調した。

【地域スマート医療コンソーシアム参画医療機関・事業者】
(医療機関)
・千葉大学医学部附属病院 患者支援部 
(保険調剤薬局事業者)
・ココカラファイン 
・トモズ
・日本調剤
(オンライン診療プラットフォーム事業者)
・インテグリティ・ヘルスケア 
・MICIN 
(ヘルスケア関連事業者)
・KDDI 
・住友商事
 (ケーブルテレビ事業者)
・愛媛CATV
・ケーブルテレビ
・CCJ 
・ジュピターテレコム (事務局)
・ZTV
 
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー