【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

メドピア CSO事業のEPフォースを50億円で買収、完全子会社化へ 「集合知」×MRで新サービス展開

公開日時 2022/08/10 04:50
医師専用コミュニティサイト「MedPeer」を運営するメドピアは8月9日、CSO事業を展開するEPフォースの株式を取得し、完全子会社化すると発表した。買収額は50億円。メドピアは、EPフォースの親会社のEPSホールディングスから10月3日付で、EPフォースの全株式を取得する。メドピアは、15万人以上の医師会員による臨床現場で得た知見を「集合知」として蓄積している。この「集合知」とEPフォースのMR人材を掛け合わせることで、医師一人ひとりのニーズに応じた情報提供が可能になることに加え、オンコロジーをはじめとするスペシャリティ領域で新たなマーケティングサービスが提供できると判断し、今回の株式取得に至った。

両社は2020年5月から製薬企業向け医薬品マーケティングサービスの共同開発を開始。メドピアのチャット型リモートコミュニケーションツール「MedPeer Talk」をEPフォースのMRが活用することで、メドピア医師会員の中から効率的に期待症例保有医師(=ターゲット医師)の発掘を可能とするなど、CSO事業の分野で連携して成果を挙げてきた。

EPSホールディングスは今回の株式譲渡について、「これまでの協業において成果を有するメドピアに、EPフォースを譲渡することが、EPフォースの持つリソースを最大化するための最適な方法と判断した」としている。

メドピアは今回の買収にあたり、金融機関から42億円を借り入れる予定。買収完了後のメドピアグループのコントラクトMRは、例えば医師会員の専門医資格、専門分野、地域、年代などで分析された臨床現場ならではの課題や知見を認識した上で、より効果的・効率的な情報活動を展開できるようにする考え。

メドピアは「MedPeer」を運営するほか、ウェブサイトやアプリケーション、ソーシャルネットワークなどデジタルツールを活用するノウハウを多数持つ。22年9月期の連結業績予想は売上84億円、営業利益10億円。今回の買収額は同社にとって過去最大となる。

EPフォースは、02年にアプシェとして設立されて以来20年以上にわたりCSO事業を主とし、付加価値の高いサービスを提供してきた。直近では専門領域に独自のネットワークを持ち、例えばオンコロジー専門MRの育成や病院研修などスペシャリティ領域で様々なサービスを展開している。21年9月期の売上は33億7800万円、営業利益3億7600万円。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(6)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
【MixOnline】誘導記事

一緒に読みたい関連トピックス

記事はありません。
ボタン追加
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー