岡山大鵬薬品 抗がん剤ティーエスワン配合OD錠のAGの承認取得

公開日時 2017/02/27 03:49
  • Twitter
  • 印刷

大鵬薬品100%子会社の岡山大鵬薬品はこのほど、大鵬薬品が製造販売しているティーエスワン配合OD錠のオーソライズドジェネリック(AG)であるエスワンタイホウ配合OD錠(一般名:テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム)の承認を取得したと発表した。

承認を取得した製品は、ティーエスワン配合OD錠と表示、デザインが異なるが、処方、原薬・添加物、製剤の製造所・製造工程、個装ケース等包材の材質、入り目及び寸法等が同一。規格は20mgと25mg。効能・効果は、胃がん、結腸・直腸がん、頭頸部がん、非小細胞肺がん、手術不能又は再発乳がん、膵がん、胆道がん。承認取得日は2月15日付。ティーエスワン配合OD錠の後発医薬品は既に他社から販売されている。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

      

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(3)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

医療環境の変化に揺れ、

悩むMR 多職種連携、

患者貢献の意識高まる

 

3/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/