AZ PARP阻害薬オラパリブ BRCA遺伝子変異陽性乳がんで国内申請、卵巣がんも申請中

公開日時 2017/10/24 03:51
  • Twitter
  • 印刷

アストラゼネカは10月23日、新規の経口分子標的薬であるPARP阻害薬オラパリブ(一般名)について、BRCA遺伝子変異陽性の手術不能または再発乳がんを予定適応症に、日本で承認申請したと発表した。同社は、2018年下半期までに承認可否が判断される予定としている。

オラパリブは現在、卵巣がんでも承認申請している。申請時期は明らかにしていないが、こちらは「PMDAによる承認についての判断が18年上半期までになされる予定」としている。

オラパリブは、FDAが最初に承認したファースト・イン・クラスの経口ポリ(ADP-リボース)ポリメラーゼ(PARP)阻害薬。DNA損傷応答経路に異常をきたしたがん細胞に特異的に作用し、細胞死を誘導する。なお、日本では、前立腺がんを対象にフェーズ3(17年6月30日時点)を実施しており、すい臓がんでも開発が進んでいる。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

働き方改革やデジタルに翻弄される医師

情報アクセスで工夫 MRカラー消失に苦言

 

 

2/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/