米FDA オピオイド依存症治療薬Suboxone初の後発品を承認

公開日時 2018/06/22 03:50
  • Twitter
  • 印刷
米食品医薬品局(FDA)は6月14日、医療用麻薬オピオイド依存症治療薬Suboxone(ブプレノルフィン/ナロキソン)舌下フィルム剤初のジェネリック医薬品(GE)を承認した。同剤は、オピオイド受容体部分作動薬で、ナロキソンはオピオイド拮抗薬。FDAのScottGottlieb長官は、「FDAは、オピオイド使用障害(OUD)治療法改善への進歩にまた新たな歩みを刻み、薬剤を必要とする患者にアクセスしやすいものにした」とSuboxoneのGE登場を歓迎した。オピオイド乱用の治療については、FDA承認薬剤である、メサドン、ブプレノルフィンおよびナロキソンによる薬物療法だけでなく、カウンセリングや行動療法などとの組み合わせ薬剤補助療法(MAT)が重要となっている。MATへのアドヒアランスが向上するとオ...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

働き方改革やデジタルに翻弄される医師

情報アクセスで工夫 MRカラー消失に苦言

 

 

2/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/