大原薬品 AIベンチャーに出資 診断支援システムを共同開発

公開日時 2018/07/24 03:50
  • Twitter
  • 印刷

大原薬品はこのほど、AIソリューションの開発などを行う日本のベンチャー企業・ハカルス社(京都府京都市)に出資し、診断支援システムの共同開発を行う方針であると発表した。大原は、医薬品を中心にアンメットメディカルニーズ領域の事業強化を進めており、今回「予防・診断・治療・ケアを含めた医療全体のアンメットメディカルニーズに挑む」とする企業方針の一環で取り組む。

ハカルスは2014 年に創業し、少量データからの特徴抽出に優れるスパースモデリング技術を機械学習に応用した独自のAI開発を行っており、その中でヘルスケア領域のソリューション提供も目指している。医療分野では、画像処理に強みを持つスパースモデリング技術を利用することで、今回、より効率的に診断サポートができるシステムを共同開発する予定としている。

今回、大原の関連会社であるエッセンシャルファーマ、メディフューチャーの 3社にて、ハカルスの第三者割当増資を引き受けて約9000万円を出資した。ハカルスは他社を含めた総額1億7000万円の調達により、医療分野の課題解決を行う AIソリューションの開発体制を強化する。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

働き方改革やデジタルに翻弄される医師

情報アクセスで工夫 MRカラー消失に苦言

 

 

2/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/