大鵬薬品 抗がん剤ロンサーフ、胃がんの適応追加申請

公開日時 2018/09/03 03:50
  • Twitter
  • 印刷

大鵬薬品はこのほど、抗がん剤ロンサーフ配合錠 (一般名:トリフルリジン・チピラシル塩酸塩、開発コード:「TAS-102」)について、「治癒切除不能な進行・再発の胃がん」の適応追加申請を行ったと発表した。

標準治療に不応となった既治療の切除不能胃がん患者において本剤とプラセボを比較したフェーズ3 (TAGS試験) の結果に基づいて申請したもので、同試験の主要評価項目の全生存期間を有意に延長したとしている。現行の適応症は「治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸がん」。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

11月号特集
(Promotion)

働き方改革が製薬企業の未来を創る

ヘルスケア産業への試金石 モノからコトへ

 

 

11/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/

 

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

11月号特集
(Promotion)

働き方改革が製薬企業の未来を創る

ヘルスケア産業への試金石 モノからコトへ

 

 

11/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/