記事一覧名

推奨記事一覧

杏林製薬 インフルエンザウイルス核酸キットの製造販売承認取得 10月目処に発売予定 (22/08/05)
厚労省・安藤課長 市場実勢価ベースに「過度な薬価差、薬価差偏在は是正」 今夏に有識者検討会立ち上げ (22/07/19)
厚労省・課長級以上人事 保険局医療課長に眞鍋氏 薬剤管理官に安川氏 医薬局総務課長に衣笠氏 (22/06/22)
城元経済課長(現AMED理事)が語る22年の焦点 いまこそ製薬業界の姿勢が問われている~薬価制度改革 (22/05/23)
後藤厚労相 現行薬価制度は「国民負担の軽減、市場実勢価格を基本とする価格改定の整合性に課題」 (22/04/22)
インフルエンザ 21‐22年シーズンも流行せず 2期連続 (22/03/18)
AI用いたインフルエンザ診断補助製品「ノドカ」の承認了承 薬食審・プログラム医療機器調査会 (22/03/11)
21‐22年のインフルエンザ 流行なく春を迎える可能性も 1月の患者数は約2700人 (22/02/25)
厚労省経済課が医療団体に通知 出荷調整解除品 処方見込みや在庫量把握「必要最低限の発注」を (22/01/28)
21‐22年のインフルエンザ 12月も流行入りみられず 患者数は例年の約650分の1 (22/01/21)
規制改革推進会議・WG オンライン服薬指導「対面指導を原則とせず」で厚労省も合意 恒久化に大きく前進 (22/01/20)
城元経済課長(現AMED理事)が語る22年の焦点(上)「毎年薬価改定」 日本の薬価制度はプロセスを踏んでいる (22/01/12)
21-22年のインフルエンザ 11月の推計患者数1145人 流行なかった前年同月の3分の1 (21/12/16)
【緊急インタビュー】厚労省・林前経済課長 INES案は製薬業界に非常に悪い影響を及ぼしかねない マクロ経済スライド導入に警鐘 (21/11/22)
厚労省・林前経済課長 納入価が適正なのか「疑問を持たざるを得ない」 川上、川下双方に苦言 (21/11/08)
21-22年のインフルエンザ 9月の推計患者数は約180人、16年以降で最も少なく (21/11/04)
厚労省・紀平薬剤管理官 薬剤師は「国民の健康な生活支える」存在として価値発揮を アウトカム評価にも言及 (21/09/27)
厚労省 後発医薬品調剤体制加算に臨時措置 供給停止品目は分母から除外可に 相次ぐ供給停止や出荷調整で (21/09/24)
厚労省・医師の働き方改革検討会、「C-2水準」の高度技能を継続審議に  (21/09/21)
厚労省 新型コロナワクチン「コミナティ筋注」白色浮遊物は製品由来 自治体報告はファイザーが調査 (21/09/15)
12345678910...
バナー

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー
バナー(バーター枠)

広告