【MixOnline】記事一覧2

経営/製品

本格導入直前講座 今さら聞けない費用対効果評価 QALYとICERを説明できますか?

本格導入直前講座 今さら聞けない費用対効果評価 QALYとICERを説明できますか?

2019/01/31
2019年4月からの費用対効果評価の本格導入により、いよいよ費用対効果の行政利用がスタートする見通しです。今回は、本格導入の前に最低限押さえておきたい費用対効果評価の基本をおさらいします。
人間は錯覚する。医師もMRも錯覚する。2

人間は錯覚する。医師もMRも錯覚する。2

2019/01/31
MRと後輩MRが前回に引き続き、人間のバイアスや錯覚を結果が出るように活用できないか、話し合っています。
ダイバーシティがグローバル化の第一歩
NBIオンコロジー事業部西日本営業部長 ヤン・シュテファン・シェルド氏

ダイバーシティがグローバル化の第一歩

2019/01/31
製薬企業のグローバル化が進む中で、ダイバーシティの多様化の必要性が高まっている。日本ベーリンガーインゲルハイムのオンコロジー事業部の西日本営業部長を務めるヤン・シュテファン・シェルド氏は、国内でも数少ない他国籍の営業リーダーだ。
ガイドラインは、監督部門より、マーケティングの問題

ガイドラインは、監督部門より、マーケティングの問題

2019/01/31
Hi! 地域包括ケアの中で、明日の高齢者の薬物療法を、作り出そうとしてますか?営業部門は、組織に安定した売上と利益をもたらす屋台骨です。組織は利益がないと、新薬開発もままならない。
MSD株式会社 代表取締役社長 ヤニー・ウェストハイゼン 氏

MSD株式会社 代表取締役社長 ヤニー・ウェストハイゼン 氏

2018/12/28
「社長としてやりがいを感じるのは、イノベーションを日本に導入できた時だ。最も早く、必要とする幅広い患者さんにアクセスしていただくことができれば、なおやりがいを感じる」-。MSD代表取締役社長のヤニー・ウェストハイゼン氏はこう強調する。
自社サイトの構築について

自社サイトの構築について

2018/12/28
添付文書改訂やお役立ちコンテンツ等で日ごとに掲載コンテンツの情報量が増え続ける医療従事者向けサイト。製品回収や安全性情報などの緊急時対応は土日昼夜関係なく情報公開の作業がやってくる。これらの運用者の悩みを支えてくれているのがコンテンツマネージメントシステム(CMS)と呼ばれるウェブ用のアプリケーションだ。
臨床研究におけるPROおよび mHealthの活用の展望とその課題

臨床研究におけるPROおよび mHealthの活用の展望とその課題

2018/12/28
Internet of Things(IoT)やウェアラブルデバイスが、私たちの日常生活に浸透する中で、これらの技術を、ヘルスケアや臨床研究の分野でも、取り入れていこうという議論が最近活発になっている。本稿では、PROやmHealthの定義、また、これらに関心が高まる背景を整理し、臨床研究に用いる際の課題について概説する。
数理モデルAIが解析する 施設売上に対するディテール影響度

数理モデルAIが解析する 施設売上に対するディテール影響度

2018/12/28
数理モデルAIは、施設でのディテール反応度も解析することができる。図1は、MRのディテールの影響をAIが解析するプロセスのイメージである。MRが行ったディテールに効果があるならば、施設の売上に何らかの影響のプラスの波が立つ。
大手卸5社・4-9月期決算分析 流通透明化へ半歩! 薬価差縮小で増益

大手卸5社・4-9月期決算分析 流通透明化へ半歩! 薬価差縮小で増益

2018/12/28
医薬品流通は曲がり角に差し掛かった。価格交渉は川中・川下とも譲らず、膠着状況が8月末まで続き、9月半ばから一気に動き、それなりの決着をみせた。今後始まる毎年改定を想定すれば4%近い薬価差圧縮が望まれたが、巷間では2%圧縮説も広く流れた。
人間は錯覚する。医師もMRも錯覚する

人間は錯覚する。医師もMRも錯覚する

2018/12/28
MRと後輩MRが、行動経済学について学んでいます。今回は、人間のバイアスや錯覚を活用できないか、話し合っています。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー