【MixOnline】記事一覧2

経営/製品

デジタルセラピューティクス「4つのギャップ」をどう攻める
エクスメディオ 物部真一郎

デジタルセラピューティクス「4つのギャップ」をどう攻める

2020/08/31
前回はデジタルセラピューティクス(DTx)の最新状況と、DTx普及のカギを握る「4つのギャップ」についてお伝えしました。具体的には、①保険診療と自由診療のギャップ、②PMDA承認と保険適用のギャップ、③臨床家におけるギャップ、④患者におけるギャップ、の4つです。
データ活用プロジェクトを成功させるために
エムスリー 島田俊輔

データ活用プロジェクトを成功させるために

2020/08/31
本連載では、製薬マーケティングにおけるデータ活用の事例紹介を行っている。最終回の今回は、データ活用プロジェクトを成功させるための取り組みを紹介する。
顧客経験(UXとCX)の考え方
原暢久

顧客経験(UXとCX)の考え方

2020/08/31
COVID-19の流行に伴う行動制限はコミュニケーション手段のデジタルシフトを加速化した。それは表面的にはメールやWeb面談等であったが、一方ではコミュニケーション総量の減少や効果的な情報のやり取りをするため、企業サイトのテコ入れやリニューアルの際に顧客経験の検討が注目されている。
MS物流の生産性向上
IQVIA 平田雄一郎

MS物流の生産性向上

2020/07/31
医療用医薬品は生命関連商品で、患者の命を救うという観点で、他の一般消費財とは大変異なる性質を持っている。一人でもその医薬品が必要な患者がいれば、製造し、患者に届ける使命がある。
医薬品卸編⑤
SCL研究会 保高英児

パートナー戦略で進路突破

2020/07/31
医薬品卸は、医療用医薬品卸事業で緻密に利益を確保しつつも、高齢化や人口減少に伴う労働生産人口の減少といった社会構造や社会環境の変化に対応する新たな収益モデルの確立に余念がない。
デジタルセラピューティクスと そのギャップ
エクスメディオ 物部真一郎

デジタルセラピューティクスとそのギャップ

2020/07/31
コロナウィルスにより医療のデジタル化が加速することが予測されている。今月は医療デジタル化の中でも、デジタルセラピューティクス(以下、DTx)に焦点を当ててみたい。
プライマリー領域における情報提供量の最適化
エムスリー 島田俊輔

プライマリー領域における情報提供量の最適化

2020/07/31
本連載では、製薬マーケティングにおけるデータ活用の事例紹介を行っている。第5回目の今回は、プライマリー領域における情報提供量の最適化の事例を紹介する。
コロナ期におけるマルチチャネル実態とこれから
原暢久

コロナ期におけるマルチチャネル実態とこれから

2020/07/31
政府による新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う緊急事態宣言は4月7日に7都道府県を対象に発令され、感染者の拡大に伴い4月16日には全国に拡大した。6月に刊行された今回の「医師版マルチメディア白書2020年夏号」はまさにこの最中に実施された調査である。
決定樹モデルでモデル分析の基本を学ぶ
クレコンメディカルアセスメント 小林慎

決定樹モデルでモデル分析の基本を学ぶ

2020/07/31
日本版HTAでは様々な種類のモデルが使われますが、決定樹モデルにはモデル分析の基本が詰まっています。今回は決定樹モデルについて紹介します。
AI時代の営業を面白くする:ニューラルネットで、アポイントを予測する
佐藤龍太郎氏からの提言

ニューラルネットで、アポイントを予測する

2020/07/31
Hi! AIを使う側に回ってますか?3年前に「Amazonのレコメンドのアルゴリズムを応用する(2017年5月号)」、「メッセージの効果を決定木でデータサイエンスする(同6月号)」で、機械学習の協調フィルタリングと決定木の手法を紹介しました。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー