【MixOnline】記事一覧2

制度/政策

【14年2月号】医師が満足する瞬間をMRはもっと知ろう

【14年2月号】医師が満足する瞬間をMRはもっと知ろう

2014/12/01
MRのプロモーションも多様化の時代に-。Face to FaceをベースとするMR活動だが、医師側のニーズを探ると、面談場所は診療室、時間帯は診療後の昼休み、面談時間は約10分程度が望ましい-との結果 が本誌のアンケート調査で出た。
【14年1月号】次世代MR論 求められるスキルと成功への秘策

【14年1月号】次世代MR論 求められるスキルと成功への秘策

2014/12/01
2014年の医薬品市場をみながら、次世代MRについて論じてみたい。上半期の焦点は糖尿病治療薬SGLT2阻害薬の上市。6成分の新薬に12社が 参入するとあり、糖尿病市場はまさに当該各社のパワーゲームさながらの様相となるだろう。
薬剤経済学の組織作り・人づくり(2)HEOR部門の役割

薬剤経済学の組織作り・人づくり(2)HEOR部門の役割

2014/11/30
薬剤経済学に関する業務を担当するHEOR部門の役割は非常に多岐にわたります。2016年4月からの試行的導入に向けて、社内の他部門との共同作業や役割分担についても検討を進めていく必要があります。今回は、社内におけるHEOR部門の役割について考えます。
薬剤経済学の組織作り・人づくり (1)組織作り

薬剤経済学の組織作り・人づくり (1)組織作り

2014/11/01
2016年4月からの試行的導入に向けて、薬剤経済学に対する企業の体制作りも本格的に動き出してきました。今回は、薬剤経済学に関する企業における組織作り・人づくり、特に組織作りについて取り上げます。
ISPORと第6回アジア太平洋会議

ISPORと第6回アジア太平洋会議

2014/09/30
2016年度からの試行的導入に向けて、企業側は社内の体制づくりと人材育成が大きなテーマとなりますが、専門学会における情報収集は重要な情報源のひとつです。今回は薬剤経済学の国際学会であるInternational Society for Pharmacoeconomics and Outcomes Research(ISPOR)について紹介します。
やり直し薬剤経済学(12)~確率的感度分析

やり直し薬剤経済学(12)~確率的感度分析

2014/08/30
モデルには様々なパラメータが設定されており、個々のパラメータに対する感度分析では費用対効果に関する総合的な判断が難しい場合があります。今回は、複数のパラメータの不確実性を同時に評価する確率的感度分析について紹介します。
やり直し薬剤経済学(11)~感度分析

やり直し薬剤経済学(11)~感度分析

2014/07/31
モデルを使った薬剤経済分析では、感度分析により分析結果の妥当性の検証を行います。分析者が自由にモデルを構築できる薬剤経済分析では、感度分析は非常に重要です。今回は感度分析について紹介します。
やり直し薬剤経済学(10)~マルコフモデルによる分析例

やり直し薬剤経済学(10)~マルコフモデルによる分析例

2014/06/30
これまで複数回にわたって、QALYやICER、モデルシミュレーションの方法など薬剤経済学の基本的な考え方を紹介してきました。今回は、マルコフモデルを使った実際の分析例を紹介します。
やり直し薬剤経済学(9)~マルコフモデルによる個人レベルシミュレーション

やり直し薬剤経済学(9)~マルコフモデルによる個人レベルシミュレーション

2014/05/31
マルコフモデルには集団レベルで推移をシミュレーションする方法と、集団を構成する個人ごとにシミュレーションを行う方法があります。今回は、マルコフモデルによる個人レベルシミュレーションの方法を紹介します。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー