【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

【診療報酬改定:注目トピック9】外来がん治療にチーム医療を促す

公開日時 2012/06/06 04:00

診療報酬改定で知っておくべきトピックを、ミクス増刊号「医師と話せる診療報酬改定」(3月25日発売)から定期的に紹介するこのコーナー。今回からは重点対策疾患トピックで、当面はがん対策に関する点数を取り上げる。ここでも診療報酬改定全体の潮流である地域連携、チーム医療、在宅医療の重視という方針は同じである。今回は外来がん治療にチーム医療を促す点数について解説する。

今回の注目は、チームによる緩和ケアの評価だ。早期から専門緩和ケアチームが関わると、苦痛緩和などのQOL向上に加え、生存期間が延長するという報告(NEJMなど)もある。しかし、緩和ケアを受けている患者数は、英国や米国と比べ1/4~1/3にとどまる。

そこで今回の改定では、チームによる外来緩和ケアを促そうと、チームで医学管理を実践した場合の点数「外来緩和ケア管理料」(1回300点)を新設した。身体、精神症状の緩和を担当する常勤医師を1人ずつ配置することを義務付けた。また、緩和ケアの経験を持つ常勤看護師と、薬剤師の4者構成を求めている。

ほか、外来の放射線治療に対してもチーム医療を促している。一定の条件の下、毎回の医師診察の義務付けを撤廃する代わりに、医師の指示に基づき、看護師や放射線技師などの毎回の観察を評価する「外来放射線照射診療料」(280点)を新設した。

「医師と話せる診療報酬改定」のサンプルの閲覧・購入 こちら

ミクスOnlineプレミア会員の方は、「医師と話せる診療報酬改定」を
e-BOOKで見られます。 こちら

過去記事
第1回 退院促し医療連携や在宅で支える流れ作る こちら
第2回 退院支援、地域連携支援をする病院の評価 こちら
第3回 在宅患者の支援強化を誘導 こちら
第4回 訪問看護ステーションとの連携 こちら
第5回 在宅医療へ薬局薬剤師の参画を促す こちら
第6回 便利な間歇注入シリンジポンプの普及後押し こちら

第7回 在宅酸素療法などによる指導加算算定しやすく こちら

第8回 がん治療の地域連携を促す こちら



 

関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー