【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

ロキソニンテープGE 薬局薬剤師訪問件数、好印象度トップはファイザー

公開日時 2013/07/10 05:01

薬剤師へのモニター調査を行っているネグジット総研のまとめによると、6月に薬価追補収載されたロキソプロフェンナトリウムテープの後発品(先発品製品名:ロキソニンテープ)の情報提供活動について、ファイザーや日本ケミファ、科研製薬の訪問件数が上位だったことがわかった。訪問内容を見ると、見本提供や使用感に関するものが多く、テープ剤ならではの使用感を訴求する情報提供が展開されたようだ。

 

調査は、4月29日~5月26日に行った。調査サンプル数は薬局薬剤師402人で、方法はインターネットリサーチで、訪問のあった製薬企業、最も良い印象の残った製薬企業を挙げてもらい、訪問内容についても聞いた。この時点でロキソニンテープの後発品(ジェネリック=GE)情報提供は10社が行っていたことが確認された。  

 

その中でファイザーの訪問件数が13件と最も多かった。このうち最も良い印象を獲得した訪問は8件あり、印象度の面でもにトップだった。続いて訪問件数が多かったのは、日本ケミファ10件(うち最も良い印象5件)、科研製薬6件(同2件)――の順だった。杏林製薬/キョーリンリメディオや大鵬薬品は訪問件数は3~4件にとどまったが、いずれの訪問でも最も良い印象を獲得していた。

 

6月21日の追補収載時点で、ロキソニンテープの後発品参入企業は23社に上る。競争が激化しているものと考えられるが、調査では、製品特徴の説明がなく好印象を残せなかった訪問、薬剤師に強引と受け取られた訪問の実態なども浮かび上がった。

 

5月調査の詳細はMonthlyミクス7月号の薬剤師が見るMR活動に掲載した。

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(10)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー