【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

協和キリン/久光 がんの突出痛治療薬アブストラル舌下錠発売

公開日時 2013/12/12 03:52

協和発酵キリンと久光製薬は12月11日、がん患者の突出痛に対する治療薬アブストラル舌下錠100μg、同200μg、同400μg(一般名:フェンタニルクエン酸塩)を12日に発売すると発表した。両社が共同販売する。

 
突出痛は、突然発生する一過性の強い痛みで、その多くは通常のがん疼痛部位で平均15~30分続くという。効能・効果は「強オピオイド鎮痛剤を定時投与中のがん患者における突出痛の鎮痛」で、持続的な疼痛治療中に起きる突出痛に用いる。1回の痛みに対し100μgから開始し、舌下に投与する。用量調節期の追加投与を除き、前回の投与から2時間以上の投与間隔をあけ、1日あたり4回以下の突出痛に対す投与にとどめることとされている。
 
薬価は573.60円(100μg1錠)、800.40円(200μg1錠)、1116.80円(400μg1錠)。市場予測は、4年後のピーク時には投与患者数2.6万人、販売金額37億円(薬価算定時の中医協資料)。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(3)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー