【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

アッヴィのルボックス、Meiji Seikaのデプロメール 小児強迫性障害の適応追加申請

公開日時 2016/07/26 03:52
うつ病などに用いるSSRIで、アッヴィのルボックス錠(一般名:フルボキサミンマレイン酸塩)とMeiji Seika ファルマのデプロメール錠(同)の効能・効果に、小児の強迫性障害を追加する承認申請を、両社は行った。Meijiが7月25日に発表した。
 
発表によると、フルボキサミンの小児の強迫性障害適応はは欧米など約90カ国で承認されている。厚労省の「医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議」が開発が必要と判断し、同省からの開発要請を受けて両社が国内治験を経て、申請したもの。
 
フルボキサミンは、1999年に日本では最初のSSRIとして発売され、「うつ病およびうつ状態」「強迫性障害」「社会不安障害」の適応を持っている。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー