【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

帝人ファーマ 希少がんの神経内分泌腫瘍で適応追加申請 ソマチュリンに

公開日時 2016/07/29 03:50

帝人ファーマは7月27日、先端巨大症などに用いるソマチュリン皮下注(一般名:ランレオチド酢酸塩)の適応症に「神経内分泌腫瘍」(NET)を追加する承認申請を同日に行ったと発表した。NETは、ホルモンを分泌する神経内分泌細胞に発生するもので、胃腸などの消化管、すい臓などにみられるが、自覚症状がなく、10万人対約5人程度と希少であるため、発見されにくい。治療の第一選択は手術だが、手術が困難であったり、腫瘍が残存している場合は、薬物治療となる。

同剤は、成長ホルモンの分泌を抑制する作用を持ち、腫瘍増殖抑制や症状改善が期待される。承認申請は、導入元の仏イプセン社が行った治験で、無増悪生存期間がプラセボより有意に延長した結果と帝人ファーマによる国内フェーズ2結果に基づき行われた。

NETの治療薬としては欧米など40カ国以上で承認されているという。

 
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(3)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー