【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

第一三共・眞鍋社長 国内はフルラインアップで総合的に貢献

公開日時 2017/04/03 03:52

4月1日付で第一三共の代表取締役社長兼COOに就任した眞鍋淳氏は本誌取材に対し、国内についてはオーソライズド・ジェネリック(AG)も含めたフルラインアップで総合的に貢献する方向性を示した。高齢化の進展などで、患者や医療従事者のニーズが多様化する中で、「製薬企業としての貢献の仕方も変わってきている」と考えを表明。「患者がほしいと思う医薬品をすべてきちんと供給できる姿を目指している。革新的新薬にだけ集中するというのでは今後厳しいのではないか」と述べた。


文末の関連ファイルに、インタビュー全文(一問一答記事)を掲載しました。4月3日のみ無料公開、その後はプレミア会員限定コンテンツになります。


同社の売上を根幹から支えてきたARB・オルメテック(一般名:オルメサルタン)が特許切れを迎えているが、「パテントクリフの影響は大きいと考えている。2017年度と18年度、特に17年度はパテントクリフの影響が大変厳しく出る状況だ」と述べた。こうした中で、日欧で順調な立ち上がりを示している抗凝固薬・リクシアナなどの主力製品や、米国事業の伸長に期待感を示し、「売上減少のすべてというわけにはいかないが、回復までには貢献してくれると考えている」と述べた。さらに、研究開発拠点の閉鎖など経費節減の努力もここ数年続けているとし、「営業利益の面ではトップラインが落ちた割にはある程度は確保できると考えている」との見方を示した。


◎エスファを通じたAGでの貢献の絵描く 蓄積されたエビデンスが強みに


一方で、同社の国内子会社である第一三共エスファは、ARB・オルメサルタンのAGを取得した。眞鍋社長は、「AGであれば、長い治療経験に基づく安全性、薬効のエビデンスを資産として引き継いでいるものと言える。オルメサルタンについても蓄積されたデータがある」と説明。後発医薬品に抵抗感をもつ医療従事者、患者も少なくないが、「安心して使っていただけることが何より重要だと考えている」との考えを示した。その上で、「長期収載品のように、ある程度の価格がついて長く売り上げに貢献するという時代は遠ざかりつつある。第一三共エスファを通じたAGでの貢献という姿を描いている」と述べ、グループ全体で医療現場に価値を提供していく姿勢を打ち出した。


◎オンコロジー見据えてMSLを強化 MR数は20年までは維持


今後の情報提供の在り方については、パイプラインがマス市場からオンコロジーをはじめとしたスペシャリティーへと移る中で変化する必要性を指摘。「特にがんについては、MRはかなり勉強していただかないと、正しい情報を医療関係者に伝えるのが難しい」と述べ、昨年立ち上げたメディカル・アフェアーズ部門の強化が重要との考えを示した。

ただ、「外部からもMRの能力を高く評価していただいている。製品の導入も、複数の競合社の中から選んでいただけるケースもある」と現状のMRについて評価。「製品数が減ると営業力も落ちる。そうすると、製品の導入もなくなるという悪循環に陥る。いまは好循環だと捉えており、当面は維持したいと考えている」と述べ、2020年までの第4期中期経営計画(2016~20年)中は、MR数を維持する考えも示した。


”日本ナンバーワンカンパニーへの成長”を中計での戦略目標に掲げる同社だが、眞鍋社長は「国内売上高は近い将来ナンバーワンになれると思っている。MRの誠実さも評価され、第三者から高い評価を受けている。第三者的な評価は難しいが、研究開発も国内ナンバーワンになりたい」と述べた。

2025年のビジョンとして「がんに強みを持つ先進的グローバル創薬企業」を掲げる中で、パイプラインにも、薬物を特異的にがん細胞に送達できる“抗体薬物複合体(ADC)”などが成果としてあがってきていると説明。「抗体医薬をもつ企業に、パートナーシップを組む相手として選んでいただけることに期待している」と述べ、他社とのパートナーシップにも積極的な姿勢を示した。また、ベンチャー企業とのパートナーシップ、オープンイノベーションにも、三菱UFJキャピタルなどと構築したOiDEファンドなどを活用して精力的に取り組む考えを示した。

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー