【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

武田薬品・16年度決算 国内医療用薬売上5047億円、6.8%減 長期収載品の移管で

公開日時 2017/05/11 03:51

武田薬品は5月10日、2017年3月期(16年度)決算を発表し、国内医療用医薬品売上は5047億円、前年度比6.8%減だった。16年4月に降圧剤ブロプレスや抗潰瘍薬タケプロンなどの長期収載品約30成分(15年度売上は計817億円)をイスラエルのテバ社との合弁会社・武田テバグループに移管したことが主因となる。長期収載品の移管影響を除いた「実質的な成長率」は前年度比5%増になる。

長期収載品の移管に伴う譲渡益は、「その他の営業収益」に計上され、中長期に利益面にはプラスに働く。

■タケキャブ大幅増収 アジルバとロトリガは2ケタ増収

同社の国内医療用薬売上は11年度の5922億円をピークに5年連続のマイナス成長となる。16年度の日本市場での製品売上をみると、酸関連疾患治療薬タケキャブが341億円と、前年度から257億円の大幅増収となった。16年3月の長期投与制限解除により、逆流性食道炎やヘリコバクターピロリ除菌補助などで処方が拡大した。

降圧剤アジルバは669億円(前年度比13.3%増)で同社売上トップ製品。高脂血症治療薬ロトリガは275億円(23.5%増)と2ケタ成長した。一方、売上上位製品の中では、前立腺がん・乳がん・子宮内膜症治療薬リュープリンは486億円(9.7%減)、抗リウマチ薬エンブレルは404億円(0.9%減)、2型糖尿病治療薬ネシーナは329億円(10.9%減)――と減収だった。16年4月の薬価改定や競合激化が理由となる。

■17年度 グローバル戦略製品の多発性骨髄腫薬ニンラーロ 日本で登場へ

17年度の国内医療用薬事業の売上計画は開示していないが、同社は日本でしか販売していないタケキャブを成長ドライバーのひとつに位置づけている。また、グローバル戦略品のひとつでピーク時売上30億ドル超を見込む経口多発性骨髄腫治療薬ニンラーロについても、グローバルでの「貢献の増加」があるとしている。ニンラーロは日本で3月に承認され、現在、薬価収載手続きの段階。順調にいけば、今夏までに上市する可能性がある。

■ウェバー社長 オンコロジーと中枢神経系疾患の新薬創出で「高齢社会に貢献」

クリストフ・ウェバー社長は同日に東京本社で会見し、進展する日本の高齢社会における医薬品ニーズに関連して、「(オンコロジー、消化器系疾患、中枢神経系疾患との)フォーカスしている重点疾患領域で新薬事業を展開していくが、特にオンコロジーと中枢神経系疾患は高齢社会にとって重要であり、これらの分野で新薬を創出することで高齢社会に対する貢献ができると思っている」と語った。

■連結業績 潰瘍性大腸炎・クローン病薬エンティビオ 売上1432億円、トップ製品に

16年度の連結業績は売上1兆7320億円(前年度比4.2%減)、営業利益1558億円(19.1%増)、親会社帰属当期利益1149億円(43.4%増)――の減収増益だった。消化器系疾患領域、オンコロジー領域、中枢神経系疾患領域、新興国事業との成長ドライバーがいずれも伸長したが、円高の影響で売上が1174億円目減りし、日本での長期収載品の移管など事業売却も影響した。

ただ、グローバル戦略製品の潰瘍性大腸炎・クローン病治療薬エンティビオは売上1432億円(66.2%増)とブロックバスター入りするとともに、同社トップ製品に成長した。

利益面は円高による売上総利益の減少や事業等の売却影響などが減益に働いたが、円高によって販管費や研究開発費といった費用は減少し、さらに長期収載品事業を武田テバに移管した際に生じた事業譲渡益1029億円の計上などもあって、結果、各利益段階で2ケタ増益となった。

【16年度連結業績 (前年同期比) 17年度予想(前年同期比)】 
売上高  1兆7320億5100万円(4.2%減) 1兆6800億円(3.0%減)
営業利益  1558億6700万円(19.1%増) 1800億円(15.5%増)
親会社帰属純利益 1149億4000万円(43.4%増) 1380億円(20.1%増)

【16年度のグローバル主要製品全世界売上高(前年同期実績) 17年度見込、億円】
ベルケイド 1376(1620)30%超の減
リュープロレリン 1142(1244)±10%以内
パントプラゾール 742(1008)±10%以内
ランソプラゾール 444(895)30%超の減
エンティビオ 1432(862)30%超の増
カンデサルタン 342(848)30%超の減
デクスラント626(751)±10%以内
アジルバ 669(590)±10%以内
ネシーナ 491(489)±10%以内
コルクリス 389(465)10~20%の減
ユーロリック 422(425)±10%以内
アミティーザ 338(373)±10%以内
アドセトリス 301(276)±10%以内
トリンテリックス 319(245)30%超の増
タケキャブ 341(84)30%超の増
ニンラーロ 294(41)30%超の増

【16年度の国内主要製品売上高(前年同期実績)、億円】
アジルバ※ 669(590)
リュープリン 486(538)
エンブレル 404(408)
タケキャブ※ 341(84)
ネシーナ※ 329(369)
ロトリガ 275(223)
ベクティビックス 188(184)
レミニール 174(160)
ベネット 83(97)
ロゼレム 81(74)
アドセトリス 33(31)
※配合剤、パック製剤を含む
*通期予想は非開示

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(6)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー