【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

米卸McKesson 独立薬局グループと薬局支援JV立ち上げ

公開日時 2018/05/01 03:50

米国の医薬品卸企業は、保険会社およびPBM企業(医薬品給付管理企業)の医療費抑制策や調剤薬局の業務の複雑化、流通や薬局をめぐるIT化の推進などにより、薬局支援業務の拡大、在庫管理支援など付加価値サービスの強化を図るようにビジネスのあり方が変貌してきている。

これを背景に、米医薬品卸大手McKesson Corporationの子会社McKesson AccessHealthは、薬局におけるマネージドケア支援機関American Pharmacy Network Solution(APNS)と、薬局サービス管理組織(PSAO)としての合弁事業体(JV)であるHealth Mart Atlas(HMA)を新たに立ち上げる。McKessonが4月5日発表した。

HMAは、主にマネージドケア支援ソリューション業務に含まれる、PBM(薬剤給付管理)業務、保険支払者との契約や認証業務ならびに薬局のおける薬剤償還限度額(MAC)の提示などに焦点を絞って事業展開する。

APNSは、独立薬局による共同購入グループAmerican Pharmacy Cooperative Inc.の加盟薬局が構成するマネージドケア支援機関。

McKessonのChris Dimos小売ソリューション部門長は、「HMAは、McKessonが地域薬局に対して積極的に取り組んでいるサービスのひとつの方法である」との認識を示した。

そのうえで、「これらの薬局は、薬局サービスの中心にいる患者が居住する地域社会を形成する重要な部分を構成している。我々の今回のビジネスモデルは、一層質の高い患者ケアを目指してベストを尽くしている地域薬局の支援を目指す」とJV設立の目的を述べた。さらに、「HMAは、地域薬局が今日直面している課題-低い償還額、貧弱なネットワーク、全般的な(将来の)不確実性など‐を克服し成功することを支援するために設置された」と話した。

APCIのTim Hamrick CEOは、「APCIは、地域薬局が公平な条件のもとで今後も競争が出来るようにMcKessonと組んでJVを設立することに興奮している。HMAの設立により、APCIの専門知識とブランドの強みを一体化させることによって米国が直面するマネージドケア市場にける課題解決に向けて独立薬局を支援できる」と意欲を示した。なお、PSAOは、薬局管理業務、保険償還請求業務など幅広い薬局業務の支援を主とする事業組織をいう。今回のJVには、6600薬局が加盟、全米最大のPSAOとなる予定という。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
グーグル

 

バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー