【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

日本ケミファと鳥居薬品 降圧薬・カルバン錠で価格カルテルの疑い 公取委が立ち入り検査

公開日時 2019/07/24 03:52
日本ケミファと鳥居薬品は7月23日、併売する高血圧治療薬・カルバン錠(ベバントロール塩酸塩)の販売に関し独占禁止法違反の疑いで公正取引委員会による立ち入り検査を受けたと発表した。仕切価を共同で決定した価格カルテルの疑い。日本ケミファは6月に後発炭酸ランタンOD錠の価格カルテルで独禁法違反を認定されており、その後、再発防止策を進め信頼回復に努めている途上だった。

両社によると23日の午前から夕方まで立ち入り検査を受けた。疑われている価格カルテルが行われた時期、違反容疑事実に対する認否は明らかにしてない。カルバン錠はαβ遮断薬で、日本ケミファが製造販売元、鳥居薬品が販売元となり、1995年6月から両社で販売している。18年度売上高は、日本ケミファは「2億円未満」、鳥居薬品は「1億円未満」だとしている。

◎「検査に全面的に協力する」

日本ケミファは6月に独禁法違反を認定され、再発防止策を進めている最中の出来事となった。その中での同じ独禁法違反の疑いで立ち入り検査を受けたことについて「今回の件は対策をまとめる以前の事象であり、現在、再発防止策は着実に実行しているところ」と説明。そのうえで「立ち入り検査を受けた事実を厳粛かつ真摯に受け止め、公正取引委員会の検査に全面的に協力する」としている。

鳥居薬品は、「法令遵守の徹底及び企業の社会的責任を基づいた事業活動を行っており、公正取引委員会の検査につきましても全面的に協力する」とのコメントを発表した。
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー