【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

厚労省 新型コロナ感染者の退院基準を公表 時間を空け2度の検査結果「陰性」が必要に

公開日時 2020/02/05 04:50
厚労省は2月4日、新型コロナウイルス感染者の退院基準を公表した。症状があった感染者では、症状が改善してから48時間後にウイルス検査を実施。その上で陰性が確認された場合は、12時間後に再度検査し、再び陰性だった場合に退院を認める。2月3日付で都道府県を通じ、全国の医療機関に通知した。これまでは咳などの呼吸器症状が改善し、37.5度以上の発熱が24時間以上ない場合としていた。

なお、無症状の感染者については、10 日間入院した後、ウイルス検査を実施したうえで、12時間後に再度ウイルス検査を行い、2度の陰性が確認された場合と規定した。最初の検査で陽性が確認された場合は、48 時間後に再度検査を行い、その12時間後に行った結果の双方が陰性だった場合とする。

◎J&J ワクチン開発で9月にもフェーズ1スタート

新型コロナウイルスをめぐり治療薬の開発も活発化している。ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は2月4日までに、新型コロナウイルスに対するワクチン候補の開発に着手すると発表した。早ければ9月にも第1相臨床試験を開始したい考え。

治験はアカデミアなどと連携し、ワクチン候補物質のスクリーニング・同定を速やかに進める。また、有効性を発揮する既存医薬品の探索研究などを行う。エボラ出血熱に対する治験ワクチンを開発、製造した経験や独自技術を活かし、生産を迅速に拡大することも視野に入れる。

既存の医薬品としては、タイ保健省がインフルエンザ治療薬と抗HIV薬を併用することで、症状の改善が見られた症例を報告している。抗HIV薬の有効性に注目が集まるなか、同社は上海市公共衛生臨床センターや武漢大学中南病院や、中国疾病予防管理センターに、抗HIV薬・プレジコビックス配合錠(一般名:ダルナビルエタノール付加物/コビシスタット配合錠)を寄付した。抗HIV薬に含まれるプロテアーゼ阻害薬はコロナウイルスに伴う重症急性呼吸器症候群(SARS)に対し、潜在的に良好な臨床反応を示したことも報告されている。同社は抗HIV薬が新型コロナウイルスに対して、「潜在的に有効」である可能性を指摘している。

◎日本産婦人科感染症学会 妊婦に対し「重症化や胎児影響に注意を」

医療現場も疾患啓発に力を入れる。日本産婦人科感染症学会は2月4日までに、妊婦や妊娠を希望する人に対する注意喚起をホームページ上に掲載した。現時点で、妊婦の死亡報告はないとして、「過剰な⼼配は不要」だとした。一方で、「妊婦の肺炎は、重症化や胎児に影響が出る恐れもあるので、適切な治療と対応が必要」と注意を促している。

特に必要な対応として、⼈混みを避けることや、こまめに⼿洗いするなどの対応を指摘。ネット上などで出回っている、家庭⽤の空気清浄機や特定の⾷物、サプリメントなどによる予防については、有効性が確認されていないとし、冷静な対応を求めた。


プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー