【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

杏林製薬 新型コロナ検出試薬を発売 迅速な検査時間が特徴

公開日時 2020/04/24 04:50
杏林製薬は4月24日、新型コロナウイルス検出試薬「SARS-CoV-2 GeneSoC ER 杏林」を発売する。産業技術総合研究所と共同で開発した超高速定量的 PCR 技術に基づく遺伝子定量装置・GeneSoCで用いる。希望納入価格は、100テスト分が1セットで、29万8000 円 (税別) 。

GeneSoCの最大の利点は迅速性。従来のPCRに近い検出感度を維持しつつ、1人の患者を診断するに当たり、検体採取から結果判定まで、1時間以内(前処理30分弱+検査時間15分弱)で完了することができる。緊急性の高い患者を対象とした検査など、少量の検体を迅速に診断することが求められるような場面で活躍が期待されている。3月18日付で承認を取得し、保険適用の対象となっており、厚労省から行政検査等に用いる遺伝子検査方法として示されていた。

同社では、「GeneSoCや試薬の生産体制の構築を進め、安定供給に努めるとともに、新型コロナウイルス感染症における、PCR 検査の時間短縮等、検査体制の充実、及び迅速な検出方法の構築に向け、より一層の貢献をしていく」とコメントしている。


プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー