【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

アルフレッサHD ヤマトグループと遠隔処方領域の相互協力で合意 オンライン診療の利便性向上も

公開日時 2020/06/29 04:50
アルフレッサホールディングスは6月26日、子会社のアルフレッサとヤマトロジスティクスが遠隔処方領域における調剤薬局向けサービス開発に関する共同研究と営業支援などの相互協力で基本合意したと発表した。ヤマトグループが調剤薬局から患者への処方薬の配送に関する資材調達、配達、各種決済までをトータルサポートする。一方、アルフレッサは調剤薬局を対象に、このソリューションを紹介。さらに、遠隔処方およびオンライン診療の利便性を向上し、病院や調剤薬局、患者・地域に貢献できる多様なサービスの検討・開発を引き続き行うとしている。

アルフレッサとヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸は、2019年1月に「医薬品流通研究会」を共同設立し、今後の医療提供体制への対応や労働力不足等の社会課題への対応の検討を行ってきた。19年9月には「調剤薬局向け在宅医療支援サービス」を共同開発。その後も病院や調剤薬局、患者および地域の皆様に貢献できるサービスの検討を継続している。

今回の基本合意は、両社の経営リソースやノウハウを融合・活用し、新たな医薬品流通ネットワークを早期実現することにより、病院や調剤薬局、患者・地域に貢献することを目的とするもの。具体的な取り組みとして、ヤマトグループは調剤薬局から患者への処方薬の配送に関する資材調達から配達、各種決済までをサポートするトータルソリューションを提供する。

また、遠隔処方領域におけるソリューションの更なる価値向上を目指し、調剤薬局内のオペレーション改善や品質維持、利便性向上を目的とした宅配用専用資材などの共同研究を実施する。さらに、遠隔処方領域における市場変化を見据えて、新たなビジネスモデルの構築についての共同研究を実施する。

◎ヤマトロジスティクスが専用サイト「調剤薬局向けソリューション」を開設

なお、この合意を踏まえヤマトロジスティクスは同日、「ヤマトグループ調剤薬局向けソリューション」と題する専用サイトをヤマト運輸のホームページ内に開設した。サイトでは、遠隔処方に関連するヤマトグループが提供する各種物流サービス(配送サービス・決済サービス)や梱包資材、業務サポートシステムの紹介など、調剤薬局での物流に関わる役立つ情報を提供している。

http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/business/pharmacy

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(5)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー