【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

ファイザー 乳がん治療薬イブランスの錠剤発売 食事の有無にかかわらず服用可

公開日時 2020/07/29 04:50
ファイザーは7月28日、乳がん治療薬・イブランス(一般名:パルボシクリブ)の新剤形となるイブランス錠25mg、同錠125mgを発売した。既存のカプセル剤は食後投与で用いるが、錠剤は食事の有無にかかわらず服用できる。服薬スケジュールに変更はない。同社の小芦尚人・オンコロジー部門長は、「イブランスによる治療を必要とする患者さんに、利便性の点からも貢献できればと考えている」とコメントしている。

錠剤は食後投与との制限がないほか、カプセル剤と比較して外形サイズが縮小された。同社は、「服用のしやすさが期待される」としている。薬価は錠剤、カプセル剤とも25mg製剤が5679.70円、125mg製剤が2万2978.10円。

イブランスはサイクリン依存性キナーゼ4および6(CDK4/6)とサイクリンD複合体の活性を選択的に阻害する世界初のCDK4/6阻害薬。日本では17年12月にカプセル剤として発売した。錠剤の効能・効果は「ホルモン受容体陽性かつHER2陰性の手術不能又は再発乳がん」で、内分泌療法剤と併用して通常、成人には1日1回125mgを3週間連続して経口投与し、その後1週間休薬することを1サイクルとして投与を繰り返す。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー