【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

田辺三菱製薬 遅発性ジスキネジア治療薬バルベナジンを承認申請

公開日時 2021/04/23 04:50
田辺三菱製薬は4月22日、遅発性ジスキネジア治療薬バルベナジン(一般名、開発コード:MT-5199)について、日本で承認申請したと発表した。日本で遅発性ジスキネジアを効能・効果とする治療薬は現在ない。

遅発性ジスキネジアは、抗精神病薬などを長期間服用することで起こる不随意運動で、ドパミン受容体の感受性増加などが原因と考えられている。症状は患者ごとに異なり、舌を左右に動かす、口をもぐもぐさせるなど顔面に主に現れるが、四肢や体幹部でも認められる。重症になれば嚥下障害や呼吸困難を引き起こす可能性があり、重篤な状態になる患者もいる。

同剤は小胞モノアミントランスポーター2(VMAT2)阻害薬。神経終末に存在するVMAT2を阻害することで、ドパミンなどの神経伝達物質のシナプス小胞への取り込みを減らし、不随意運動の発現に関わるドパミン神経系の機能を正常化させる。米ニューロクラインバイオサイエンス社が創製し、田辺三菱が日本やシンガポール、タイなどの独占的開発・販売権を持つ。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー