【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

武田薬品 古田未来乃JPBUプレジデントが4月1日付でCFO就任へ サルウコスCFOの退任で

公開日時 2024/02/02 04:49
武田薬品は2月1日、コスタ・サルウコスCFOの退任に伴い、後任としてジャパンファーマビジネスユニット(JPBU)の古田未来乃プレジデントが4月1日付でCFOに就任すると発表した。古田氏はCFOとして取締役会に対し新任取締役候補者として提案される。同社は、古田氏の後任となるJPBUプレジデントについて、「決まり次第開示する」としている。

同社によると、コスタ・サルウコスCFOの退任は、「家族と過ごすために母国オーストラリアに戻ることを決断した」ことによる。同氏は4月1日付でCFOを退任し、6月28日付で取締役を退任する。後任として4月1日付でJPBUの古田未来乃プレジデントがCFOに就任する。

サルウコスCFOは2月1日の第3四半期決算会見で、「価値観に根差した社風のある企業で、常に患者中心に考える同僚とともに、かつてない変化の時期を通じて成長してきたことに誇りを持っている」と退任あいさつを述べた。クリストフ・ウェバー社長CEOは「武田薬品がグローバルなバイオ医薬品企業となる変革に尽力してくれ、素晴らしい財務組織を作ってくれた。私にとっても取締役会にとっても信頼の厚い同僚だった」と語り、これまでの功績を称えた。

後任の古田氏は、2010年に武田薬品に入社。現職のJPBUプレジデントに就く前は同社のコーポレート ストラテジー オフィサー兼チーフ オブ スタッフを務めている。武田薬品入社前は、米国の投資管理会社で株式のリサーチアナリストとして勤務。過去には、2000年に日本で銀行業務およびプライベートエクイティ投資業務でキャリアをスタートさせ、レバレッジド・バイアウトや負債の整理といった様々なタイプの金融取引を手掛けた経験を持つ。

古田氏は第3四半期決算会見で「コスタ氏が大きな業績を残してくれた財務部門のメンバーになれることを光栄に思う。TET(タケダ・エグゼクティブチーム)のメンバーとして5年間経験し、成長戦略に向けた投資についてはよく理解している。4月以降、皆様とお会いできることを楽しみにしている」とあいさつした。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(11)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
【MixOnline】誘導記事

一緒に読みたい関連トピックス

記事はありません。
ボタン追加
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー