【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

リジェネロン・ジャパン サノフィから抗悪性腫瘍剤「リブタヨ」の製販承認を承継 情報提供活動を開始

公開日時 2024/06/04 04:52
リジェネロン・ジャパンは6月3日、サノフィから抗悪性腫瘍剤「リブタヨ」の日本での製造販売承認を承継したと発表した。同日から情報提供活動を開始した。同剤は、リジェネロン独自のVelocImmune技術を用いて開発したヒト型抗ヒトPD-1モノクローナル抗体。両社は2015年にグローバル提携契約を締結しており、米国外の販売はサノフィが行ってきた。その後、2022年7月にリジェネロン社は同剤の提携契約にかかるサノフィ持ち分の権利を買い取っていた。

リブタヨ(セミプリマブ 遺伝子組換え)はもともとリジェネロン社のオリジンで、T細胞の表面にある免疫チェックポイント受容体PD-1を標的とする完全ヒトモノクローナル抗体。PD-1と結合することで、がん細胞がPD-1経路を介してT細胞の活性化を抑制する機構を阻害する。日本では「がん化学療法後に増悪した進行又は再発の子宮頸がん」に対する単剤療法として2023年3月15日に薬価収載され、3月30日に発売された。

リジェネロン・ジャパンは同日からリブタヨの情報提供活動を開始した。同社は、「サイエンスから医薬を創り出し、重篤な疾患に苦しむ患者さんの人生を変えるというミッションを実現すべく、今後も日本における事業の拡充に努める」と強調した。

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
【MixOnline】誘導記事

一緒に読みたい関連トピックス

バイオファーマのリジェネロン・ジャパンが本格始動
リジェネロン マリオン・マッコート氏

バイオファーマのリジェネロン・ジャパンが本格始動

2024/02/01
米国で1988年に創設されたリジェネロン社が、日本市場でも本格的に事業展開する。2022年にリジェネロン・ジャパンを設立、23年秋から同社が開発したデュピクセントについてサノフィとのコ・プロモーションを開始した。
10月に「呼吸器科/耳鼻科領域営業部」新設
リジェネロン スイーティング部門長

10月に「呼吸器科/耳鼻科領域営業部」新設

2024/06/01
米バイオ医薬品企業のリジェネロン社で免疫領域国際部門長を務めるジョナサン・スイーティング氏は東京都内で本誌インタビューに応じ、気管支喘息と副鼻腔炎を対象とした「呼吸器科/耳鼻科領域営業部」を24年10月に新設する方針を明らかにした。
ボタン追加
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー