日本化薬 関節リウマチ薬レミケードのバイオシミラーを承認申請

公開日時 2013/09/13 03:50
  • Twitter
  • 印刷

日本化薬は9月11日、生物学的製剤で関節リウマチ治療薬のバイオシミラーとしてインフリキシマブ製剤(開発コード:「CT-P13」)の承認申請を行ったと発表した。申請適応は、関節リウマチ、クローン病、潰瘍性大腸炎。順調に審査が進めば14年度中の承認が見込まれる。

 
先行品は田辺三菱製薬のレミケード点滴静注用で、12年度国内売上735億円に上る大型製品。日本化薬はこのバイオシミラーについて、10年に締結した韓国のセルトリオン社と日本でのライセンス契約に基づいて共同開発してきた。製造はセルトリオンが行う。なお、セルトリオン社とは抗がん剤トラスツズマブ(先行品:ハーセプチン注射用、中外製薬)も開発することになっており、現在、開発準備中という。
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(8)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

12月号特集
(Promotion)

デジタル活用で成功するMR流仕事術

訪問頻度の減少をチャネルでカバーせよ!

 

 

12/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/