肺がん治療初の免疫チェックポイント阻害薬オプジーボ登場 期待大きい反面、特有の副作用も

公開日時 2016/04/20 05:00
  • Twitter
  • 印刷
15年12月17日に、がん免疫療法に用いるPD-1免疫チェックポイント阻害薬オプジーボ(小野薬品、ブリストル・マイヤーズ)が肺がんの適応を取得した。免疫チェックポイント阻害薬は、治療法を大きく変える新薬として期待が集まっているが、高額な薬剤でもあり、今後臨床面でどのように位置付けられていくのかに注目が集まっている。また、免疫に関連する特有の副作用があることから副作用マネジメントが特に重要になる。今回は、オプジーボの市場での位置付けや、指摘されている課題を取り上げる。なお、肺がんの適応を持つ主な分子標的薬4製品を含む計5製品の効能・効果、用法・用量などの一覧表は、以下の関連ファイルからダウンロードできます。続きは、こちら

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(1)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

12月号特集
(Promotion)

デジタルヘルス時代を占う企業戦略

自前主義から脱却 他業種連携を探る

 

 

12/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/