キッセイ薬品 12支店を10支店体制に 各支店に「エリア戦略室」

公開日時 2018/09/10 03:51
  • Twitter
  • 印刷
キッセイ薬品は9月7日、現行の12支店を10支店体制にすることを柱にした医薬営業本部の見直しを10月1日に実施すると発表した。支店の再編理由について「1支店当りの人口カバー率を一定以上とするとともに、管轄地域の市場特性を見据えた戦略を着実に立案・推進するため」と説明している。支店内には「エリア戦略室」を設置し、管轄地域の市場動向などに応じたエリア戦略の立案、推進を強化する。

支店体制では、京都支店を解消し、北陸3県(石川県、富山県、福井県)を「東海北陸支店」(名古屋市)の管轄とし、京都府、滋賀県を「関西支店」(大阪市)の管轄とする。広島支店と高松支店を統合し、中四国支店(広島市)を設置する。そのほか、透析領域プロジェクトを発展的に解消し、その機能を医薬推進部に移管する。

新たな支店体制と支店名は次のとおり(カッコ内は現支店名、関越、東京、松本は名称変更なし)。北海道(札幌)、東北(仙台)、関越(変更なし)、東京(変更なし)、神奈川(横浜)、松本(変更なし)、東海北陸(名古屋)、関西(大阪)、中四国(広島)、九州(福岡)

支店長の異動は次のとおり(カッコ内は現職)。
北海道支店長兼エリア戦略室長・石谷貢氏(医薬推進部営業グループマネジャー)
東北支店長・下田秀一氏(名古屋支店副支店長)
東京支店長・斎藤洋生氏(仙台支店長)
神奈川支店長兼エリア戦略室長・中浜嘉之氏(大阪支店副支店長)
松本支店長兼エリア戦略室長・田口京弥氏(横浜支店長)
東海北陸支店長・目﨑隆志氏(名古屋支店長)
関西支店長・保積克司氏(大阪支店長)
中四国支店長・栗原康寿氏(大阪支店大阪第一営業所長)
九州支店長・石井延行氏(高松支店長)
医薬企画部医薬企画担当部長・中村薫氏(松本支店長)
マーケティング部マーケティング担当部長・松澤直樹氏(広島支店長)
医薬推進部医薬推進担当部長・平林秀一氏(福岡支店長)
医薬推進部医薬推進担当部長・山田秀信氏(札幌支店長)
医薬推進部医薬推進担当部長・遠藤勝也氏(京都支店長)
人材育成部長・三島康正氏(東京支店長)
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(5)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

9月号特集
(Promotion)

破壊的イノベーションが製薬企業を変える!

エコシステム構築でヘルスケア産業の足場を

 

 

9/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/