参天 抗アレルギー点眼剤DE-114Aを承認申請 アレジオン点眼液の高用量製剤

公開日時 2018/10/22 03:50
  • Twitter
  • 印刷

参天製薬はこのほど、抗アレルギー点眼剤DE-114A(開発コード、一般名:エピナスチン塩酸塩)を日本で承認申請したと発表した。2013年から国内販売しているアレジオン点眼液0.05%の高用量製剤となるが、同社はDE-114Aの有効成分の含量は開示しておらず、製品名も未定と説明している。剤形は水性点眼剤。

DE-114Aは日本ベーリンガーインゲルハイムから導入し、参天がアレルギー性結膜炎の治療を目的として国内開発した。国内臨床試験では、アレルギー性結膜炎の主症状の眼そう痒感や結膜充血を抑制することが確認され、重篤な副作用は眼局所、全身とも認められなかったとしている。

有効成分のエピナスチンはヒスタミンのH1受容体への拮抗作用を主作用とし、さらに肥満細胞からの化学伝達物質の遊離・産生抑制作用を持つ。申請日は9月21日付。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

将来不安を抱く若手MRが増大 業界に影落とす

医療環境の変化で医師とMR間にギャップ拡がる

 

 

3/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/