米FDA aTTP治療薬Cabliviを承認

公開日時 2019/02/13 03:50
  • Twitter
  • 印刷
米食品医薬品局(FDA)は2月6日、仏サノフィのグループ企業であるベルギーのAblynx社の後天性血栓性血小板減少症(aTTP)治療薬Cablivi(caplacizumab-yhdp)を承認した。aTTPを特異的に適応とした初の薬剤となった。血小板がフォンヴィレブランド因子重合体に凝集することによって血栓が形成されるため、その相互作用を阻害することで血栓形成を抑制する抗体医薬。適応は、aTTPで、血漿交換療法および免疫抑制療法との併用下で用いる。主な副作用は、鼻血、歯茎出血および頭痛。処方情報には、医療者および患者に向けて、重篤な出血の可能性があるとの警告が記載された。FDA医薬品評価研究センター(CDER)のRichardPazdur腫瘍拠点センター長兼血液・腫瘍製品部長代理は、aTTP...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

将来不安を抱く若手MRが増大 業界に影落とす

医療環境の変化で医師とMR間にギャップ拡がる

 

 

3/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/