【MixOnline】記事一覧2

データ/ランキング

モビコールが“eマーケ”で存在感 ゾフルーザは“e”と講演会活発
プロモーション系チャネル 20年1月調査

モビコールが“eマーケ”で存在感 ゾフルーザは“e”と講演会活発

2020/03/27
MRによる情報提供活動やメーカー主催講演会などプッシュ型プロモーション系情報チャネルで医師に想起された製品の第1位は、末梢神経障害性疼痛薬タリージェだった。
2020年度版 診療報酬改定からみる医師、薬剤師と話せる地域包括ケア INDEX

2020年度版 診療報酬改定からみる医師、薬剤師と話せる地域包括ケア INDEX

2020/03/25
地域医療構想実現はもはや目前!エリア・地域戦略を考える必携の書
一般内科 国立がん研究センター・西川博嘉氏が1位
一般内科

おススメ1位 国立がん研究センターの西川博嘉氏

2020/02/29
今回は、2018年1月~18年12月に国内で開催された一般内科領域の講演会でおすすめ度トップ5となった若手講師(表)を紹介する。
抗インフルエンザ薬 ゾフルーザ失速
抗インフルエンザ薬

ゾフルーザ失速 イナビルとタミフルGEが受け皿

2020/02/29
2019/20年シーズンのインフルエンザは、例年よりも1か月早い11月上旬に流行が始まり、12月に入ると過去5年でも比較的多い患者数が報告された。
【20年1月リスト 短期連載6】疼痛/片頭痛領域 片頭痛の開発品3品目が抗体薬、P3も
短期連載6疼痛/片頭痛領域

片頭痛の開発品3品目が抗体薬、P3も

2020/02/28
ミクス編集部が製薬企業69社を対象にまとめた「新薬パイプラインリスト20年1月版 疾患別」(19年11月調査、P2以降の国内開発品を集計)によると、疼痛管理の開発品は12品目(プロジェクト)、また中枢神経系(CNS)領域のうち片頭痛の開発品は4品目あった。片頭痛では2000年代のトリプタン以来の新薬ラッシュを予感させる。
【20年1月リスト 短期連載5】肺がん 分子標的薬の開発活況 P2に抗体薬物複合体
短期連載5肺がん

分子標的薬の開発活況 P2に抗体薬物複合体

2020/02/26
ミクス編集部が製薬企業69社を対象にまとめた「新薬パイプラインリスト 20年1月版 疾患別」(19年11月調査、P2以降の国内開発品を集計)によると、肺がん・悪性胸膜中皮腫に対する開発品は46品目(プロジェクト)だった。
【20年1月リスト 短期連載4】産婦人科 社会的ニーズ高いスペシャリティ領域
短期連載4 産婦人科

社会的ニーズ高いスペシャリティ領域

2020/02/21
ミクス編集部が製薬企業69社を対象にまとめた「新薬パイプラインリスト 20年1月版 疾患別」(19年11月調査、P2以降の国内開発品を集計)によると、がん関係を除く産婦人科領域の開発品は13品目(プロジェクト)だった。
【20年1月リスト 短期連載3】感染症 P2以降に16品目 多剤耐性の治療薬がラインアップ
短期連載3 感染症

P2以降に16品目 多剤耐性の治療薬がラインアップ

2020/02/19
ミクス編集部が製薬企業69社を対象にまとめた「新薬パイプラインリスト20年1月版 疾患別」(19年11月調査、P2以降の国内開発品を集計)によると、細菌、ウイルス(肝炎ウイルスを除く)など感染症領域の開発品は16品目(プロジェクト)あった。
【20年1月リスト 短期連載2】呼吸器疾患 喘息に12プロジェクト COPDもバイオの時代へ
短期連載2 呼吸器疾患

喘息に12プロジェクト COPDもバイオの時代へ

2020/02/17
ミクス編集部が製薬企業69社を対象にまとめた「新薬パイプラインリスト 20年1月版 疾患別」(19年11月調査、P2以降の国内開発品を集計)によると、呼吸器疾患(がんを除く)の開発品は20品目(プロジェクト)だった。
【20年1月リスト 短期連載1】肝胆膵のがん 「難治がん」に挑む免疫療法
短期連載1 肝胆膵のがん

「難治がん」に挑む免疫療法

2020/02/14
難治がんである肝臓、胆道(胆管・胆嚢・十二指腸乳頭部)、膵臓のがんで、新たな治療選択肢となるべく、新薬開発が続いている。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー