【MixOnline】記事一覧2

データ/ランキング

経口C肝薬 マヴィレット、早くもピーク越え

経口C肝薬 マヴィレット、早くもピーク越え

2018/09/30
C型肝炎に用いる直接作用型抗ウイルス剤(DAA)で、インターフェロン(IFN)を併用しない「IFNフリーDAA」は、2014年のダクルインザ/スンベプラ併用療法の登場以降、7種類のレジメンが承認され、役者がほぼ出そろった感がある。そこで今回は、IFNフリーDAAの処方動向の今を見てみる。
2018年4月度調査 病院勤務医市場

2018年4月度調査 病院勤務医市場

2018/09/30
今回は病院勤務医市場についてより詳細に分析し、プロモーション系情報チャネルはMRディテールや院内説明会など5項目、ノンプロモーション系情報チャネルは患者の声や医師の使用感評価など4項目の処方影響度を見てみる。
腎臓内科/西日本 九州大学・二宮利治教授が1位

腎臓内科/西日本 九州大学・二宮利治教授が1位

2018/09/30
腎臓内科領域のおすすめ度トップ3となった西日本の医療機関に所属する若手講師を紹介する。
医薬ランキング【2018年版】

医薬ランキング【2018年版】

2018/09/25
MR数や1人当たり生産性などをまとめた毎年恒例のデータ集「医薬ランキング2018年版」の掲載データに手早くアクセス、手早くダウンロードできるリンク付きINDEXを公開!
アイミクス後発品 発売約2週間でシェア36%

アイミクス後発品 発売約2週間でシェア36%

2018/08/31
2020年9月までに後発品の使用割合を80%に引き上げるという政府目標の達成に向け、今年4月の診療報酬改定では、一般名処方加算の引き上げ、後発医薬品調剤体制加算の引き上げなどの使用促進策が導入された。
2018年4月度調査 全市場俯瞰

2018年4月度調査 全市場俯瞰

2018/08/31
前号まで2018年1月度SOC(Share of Channels)調査データを用いていたが、本号からデータをアップデートし、4月度データを用いる。本連載では全ての医療用医薬品を対象に、病院勤務医/開業医別かつ、プロモーション系(例:MR活動、講演会など)/ノンプロモーション系(例:医師の処方感、患者の声)それぞれの情報チャネル別に、処方への影響度をランキングで取り上げる。
腎臓内科/東日本 札幌医大・丹野准教授が1位

腎臓内科/東日本 札幌医大・丹野准教授が1位

2018/08/31
今回は、2017年4月~18年3月に国内で開催された講演会でおすすめ度トップ5となった東日本の医療機関の腎臓内科または関連診療科に所属する若手講師を紹介する。
整形外科/高知大学・池内昌彦教授が1位

整形外科/高知大学・池内昌彦教授が1位

2018/07/31
同じ内容の講演があった場合、他の先生におすすめしたいですか――。製薬企業主催の講演会の受講者に質問し、その回答から算出した「おすすめ度」(別記)で若手講師をランキングする本シリーズ。第20回は、2017年1月~12月に国内で開催された整形外科領域の講演会でおすすめ度トップ3となった若手講師を紹介する。
2018年1月度調査 開業医市場

2018年1月度調査 開業医市場

2018/07/31
今回は開業医にフォーカスして同様の分析を行う。比較対象の前回データは17年10月データとなる。
【リスト公開】18年8月版 承認申請中 新規成分35品目、効能追加など40品目

【リスト公開】18年8月版 承認申請中 新規成分35品目、効能追加など40品目

2018/07/31
編集部が製薬企業65社を対象にまとめたところ、日本で承認申請中の品目は75品目だった。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー