【MixOnline】記事一覧2

データ/ランキング

1処方で平均2.8剤 処方1位はヘパリン類似物質
皮膚科の薬剤

1処方で平均2.8剤 処方1位はヘパリン類似物質

2019/07/31
アトピー性皮膚炎、乾癬、にきび、爪白癬など、この10年で皮膚科領域の新薬が相次いでいる。乾燥皮膚の保湿外用剤のように、新薬ではないものの高齢者人口の増加などに伴い使用頻度が高まっている薬剤もある。
【リスト公開】19年8月版 承認申請中 新規成分29品目、効能追加など55品目

【リスト公開】19年8月版 承認申請中 新規成分29品目、効能追加など55品目

2019/07/31
ミクス編集部が製薬企業68社の新薬開発状況をまとめた「新薬パイプラインリスト19年8月版」によると、18年6月末時点で国内承認申請中のプロジェクト数は84品目だった。
【リスト公開】19年8月版 企業別リスト 申請品目数トップはノバルティス

【リスト公開】19年8月版 企業別リスト 申請品目数トップはノバルティス

2019/07/31
ミクス編集部が製薬企業68社の新薬開発状況をまとめた「新薬パイプラインリスト19年8月版」によると、19年6月末時点で国内承認申請中のプロジェクト数は84品目だった。
【リスト公開】19年8月版 疾患別パイプラインリスト がん領域の開発品が4割 血液がん、肺がんで特に多く

【リスト公開】19年8月版 疾患別パイプラインリスト がん領域の開発品が4割 血液がん、肺がんで特に多く

2019/07/31
ミクス編集部が製薬企業68社の新薬開発状況をまとめた「新薬パイプラインリスト19年8月版」によると、19年6月末時点でP2以降のプロジェクト数は計679品目だった。
全地域で1位はタリージェ 医師2万人以上が想起
プロモーション系チャネル 19年4月調査

全地域で1位はタリージェ 医師2万人以上が想起

2019/07/23
MRによる情報提供活動、講演会、eマーケティングといったプッシュ型のプロモーション活動が医師の処方にどのような影響を与えたのか。
新患処方トップはエスシタロプラム 唯一20%超え
精神科での抗うつ薬

新患処方トップはエスシタロプラム 唯一20%超え

2019/06/30
日本でのうつ病の生涯有病率は3~7%といわれ、自殺の危険性もあるため早期受診・早期治療が重要となる。
国がん東病院 谷口浩也氏が1位
消化器科・消化器内科/東日本

国がん東病院 谷口浩也氏が1位

2019/06/30
第31回は、2018年1月~18年12月に国内で開催された講演会でおすすめ度トップ3となった消化器科、消化器内科(関連科含む)に所属する東日本の若手講師を紹介する。
慶應義塾大学・中原仁教授が1位
神経内科

慶應義塾大学・中原仁教授が1位

2019/05/31
第30回は、2018年1月~18年12月に国内で開催された神経内科領域の講演会でおすすめ度トップ5となった若手講師を紹介する。
ビラノア急拡大、シェア12%に
第2世代抗ヒスタミン薬

ビラノア急拡大、シェア12%に

2019/05/31
第2世代抗ヒスタミン薬のマーケットは、長らくけん引役であったアレグラやアレロックに後発品が参入して以降、後発品が主体となっていた。
皮膚科 島根大学・千貫祐子講師が1位
”かゆみスイッチ”減らす治療など解説

皮膚科 島根大学・千貫祐子講師が1位

2019/04/30
第29回は、2018年1月~18年12月に国内で開催された講演会でおすすめ度トップ3となった皮膚科の若手講師を紹介する。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー