【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

2012年の新薬上市候補品 アステラスがトップ 本誌調べ

公開日時 2012/01/11 04:02

本誌が製薬企業63社(内資42社、外資21社)の昨年11月下旬時点における後期開発品559プロジェクトを調査・分析したところ、今年新薬の上市ラッシュとなる可能性が高い企業はアステラス製薬であることを示唆する結果が得られた。申請中のプロジェクト数がファイザー、ノバルティスと並んで最多の6プロジェクト。そのうちアステラスは新規化合物数で4品目とトップだった(残り2品目は適応追加など)。詳細(企業別後期開発品リスト)はミクスonlineに掲載中。

アステラスが現在申請中の新規化合物は、▽ガバペンチンエナカルビル(予定適応症:レストレスレッグス症候群)▽アコチアミド(機能性ディスペプシア)▽デガレリクス(前立腺がん、1カ月製剤)▽ビキサロマー(高リン血症)――の4品目。ただし、ビキサロマーは昨年3月に承認申請を行っているため、今年の上市は難しそう。同剤を除く3品目のなかで注目したいのはデガレリクス。同社が重点領域と位置づける泌尿器領域を強固にする新薬になるとともに、今後の重点領域であるオンコロジー領域では同社にとって国内第1号となるため、同市場への参入の足掛かりとなる注目の製品になる。

なお、申請中のプロジェクト数が多いメーカーは、エーザイ、塩野義製薬、日本イーライリリーがいずれも4プロジェクト。GSK、アストラゼネカ、協和発酵キリン、BMS、MSD、化学及血清療法研究所、帝人ファーマがいずれも3プロジェクトとなっている。

 

 

申請品目数の企業ランキング
順位 企業名 申請中
1  ファイザー 6
1  ノバルティス ファーマ 6
1  アステラス製薬 6
4  エーザイ 4
4  塩野義製薬 4
4  日本イーライリリー 4
7  グラクソ・スミスクライン 3
7  アストラゼネカ 3
7  協和発酵キリン 3
7  ブリストル・マイヤーズ 3
7  MSD 3
7  化学及血清療法研究所 3
7  帝人ファーマ 3
  2011年11月末時点 本誌調査  


 

関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(3)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー