【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

大日本住友 トレリーフで「レビー小体型認知症に伴うパーキンソニズム」の効能追加を申請

公開日時 2017/08/31 03:51

大日本住友製薬は8月30日、パーキンソン病治療薬トレリーフ(一般名:ゾニサミド)について、レビー小体型認知症に伴うパーキンソニズムの効能追加を承認申請したと発表した。申請は同日付。承認されれば、トレリーフはこの適応を持つ世界初の薬剤となる。

レビー小体型認知症は、進行性の認知機能障害を必須症状とし、▽認知機能の動揺▽繰り返し現れる幻視▽REM睡眠行動障害▽パーキンソニズム――の4つが中核症状として現れる認知症のひとつ。レビー小体型認知症に伴うパーキンソニズムでは、パーキンソン病の運動機能障害とほぼ同様の症状がみられる。

厚労省の14年患者調査によると、レビー小体型認知症の属する「血管性および詳細不明の認知症」の患者数は14万4000人と報告されている。

トレリーフは自社創製品で、「パーキンソン病(レボドパ含有製剤に他の抗パーキンソン病薬を使用しても十分に効果が得られなかった場合)」を効能・効果に09年3月に発売された。13年8月にはパーキンソン病における日内変動(wearing-off現象)に対する用法・用量の一変承認を取得した。現在、パーキンソン病治療の選択肢のひとつとして使用されている。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
グーグル

 

バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー