【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

バイオジェン 加齢黄斑変性薬ルセンティスとアイリーアのBS 日本などの販売権獲得

公開日時 2020/02/07 04:50
バイオジェン・ジャパンは2月6日、加齢黄斑変性症治療薬のルセンティスとアイリーアのバイオシミラー(以下、BS)の日本などでの独占的販売権を、韓国サムスングループのサムスンバイオエピス社(以下、サムスン)から獲得したと発表した。グローバルの2019年業績発表の中で明らかにした。

バイオジェンのBS事業の19年売上は7億3800万ドルで、前年比35%増だった。欧州でBS事業に注力しており、EUの5市場で19年に18億ユーロの医療費節減効果をもたらしたとの予測も示している。

ルセンティスとアイリーアのBSの販売権獲得に関する手続きは19年12月に完了した。バイオジェンは米国、カナダ、欧州、日本、オーストラリアを含む全世界の主要市場での権利を得た。ただ、バイオジェンは日本市場でこれまでにBSを手掛けていない。バイオジェン・ジャパンは本誌取材に、「2つの新規バイオシミラー候補の販売権は獲得したが、日本でBSを扱うかどうかを含め、まだ検討中」と説明した。

バイオジェンは神経科学領域に強みをもち、遺伝子治療をターゲットにアカデミアとの協働も活発に行っている。加齢黄斑変性は加齢神経変性疾患のひとつ。今回のルセンティスとアイリーアのBSの販売権獲得は、バイオジェンの戦略に沿ったディールとなる。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー