【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

中医協総会 イエスカルタの保険償還価格は3264万円 収載日に費用対効果評価結果を反映

公開日時 2021/04/14 11:10
厚生労働省の中医協総会は4月14日、国内2番手となるCAR-T細胞療法となる第一三共のイエスカルタ点滴静注(一般名:アキシカブタゲン シロルユーセル)の保険償還価格について、1患者あたり3411万3655円で了承した。4月21日に収載する。そして、1番手のキムリア点滴静注で費用対効果評価に基づく価格調整(約4.3%引下げ)を行うことが決定し、キムリアの類似品目のイエスカルタも同様の価格調整を収載日の4月21日付で行うことになった。結果、イエスカルタの保険償還価格は3264万7761円となることが報告された。

キムリアがこの日の中医協総会で、費用対効果評価に基づく価格調整の結果、保険償還価格を現在の3411万3655円から約4.3%引下げることが決まった。調整後の価格は3264万7761円となる。ただ、医療機関における在庫への影響などを踏まえ、一定の猶予期間を設けた上で調整後価格を適用することになり、キムリアの調整後価格は7月1日付で適用することになった。

一方で、イエスカルタは「保険収載日より、直ちに価格調整後の薬価を適用することとする」となり、イエスカルタは4月21日付で調整後価格が適用されることになった。

収載される製品は以下のとおり(カッコ内は成分名と薬価収載希望者)

イエスカルタ点滴静注(アキシカブタゲン シロルユーセル、第一三共)
効能・効果:再発又は難治性のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫、原発性縦隔大細胞型B細胞リンパ腫、形質転換濾胞性リンパ腫、高悪性度B細胞リンパ腫
薬価:1患者当たり3411万3655円(ただし、キムリアの費用対効果評価結果に基づき、類似品目のイエスカルタも価格調整し、4月21日付で調整後薬価3264万7761円を適用する)
市場予測(ピーク時5年後):投与患者数232人、調整前薬価での予想販売金額79億円
加算:新薬創出等加算(主な理由:希少疾病用再生医療等製品として指定)
費用対効果評価:該当する(H5)

イエスカルタは、遺伝子組換えレトロウイルスベクターを用いて、CD19を特異的に認識するキメラ抗原受容体発現遺伝子を患者由来のT細胞に導入した再生医療等製品。この改変T細胞を拡大培養した後、患者体内に注入して用いる。ウイルス自体は海外で製造するが、改変T細胞は国内施設で製造する。CAR-T細胞製品での治療歴がある患者は同製品を使用できない。

承認条件として、適切な医療施設、十分な知識と経験を持つ医師のもとで同製品を使用することと、全例調査を実施して適正使用に必要な措置を講じることがついた。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー